Uber Eats(ウーバーイーツ)の横浜エリアは稼げる?利用範囲・収入・メリット・デメリット・評判に関して徹底解説
・Uber Eats(ウーバーイーツ)って横浜のどこで利用できるの?
・どれぐらい稼げる見込みがある?
・配達パートナーに関する評判はどうなの?
・横浜での配達パートナーの始め方は?

もしかすると、この記事を見つけたあなたは、横浜でのUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーについて興味をお持ちなのではないでしょうか。

確かに、日本では2016年9月29日にUber Eats(ウーバーイーツ)のサービスが東京で初めて開始され、わずか1年足らずで登録ユーザー数が5000人以上も記録したことでも注目されました。

横浜エリアも翌年の2017年11月からUber Eats(ウーバーイーツ)のサービスが開始され、今では認知度・需要も高く稼げるエリアとしても知られています。

この記事では、横浜エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)について、利用可能なエリア・稼げる見込み・評判・始め方など、配達パートナーとして活動を検討している方の気になる情報を網羅しています。

この記事を最後まで読めば、横浜で配達パートナーとしての活動すべきか迷っているあなたが、今後始めるべきかどうか判断できるでしょう。

横浜エリアって東京に押されてるイメージだけど稼げるの?

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

ウーバー博士

もちろん横浜でも稼げる見込みは十分にあるぞ!しかし、横浜で配達パートナーとして働く場合には注意しておくべきこともある。
この記事では横浜エリアのリアルな情報を網羅しておるので配達パートナー志望の方は必見じゃ!

 

1. Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜エリアは8区で利用可能

ber Eats(ウーバーイーツ)神奈川エリアのサービスマップ

ber Eats(ウーバーイーツ)神奈川エリアのサービスマップ

横浜と川崎が繋がり一つのエリアに。鶴見区、高津区を含む新しいサービス提供エリアでキャンペーン実施-Uber Eatsブログ

2019年7月現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜エリアでは西区・南区・中区・保土ヶ谷区・神奈川区・港北区・磯子区・鶴見区で利用可能となっています。

横浜エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)の利用可能時間は、午前10:00〜深夜23:00までと比較的短めになっています。

配達パートナー志望の方に関しては、横浜エリアの中でも特に横浜駅・みなとみらい駅・桜木町駅周辺が最も稼げるエリアと言われています。

もちろん、横浜エリアは隣町の川崎市と連結しているので、川崎市でも同時に配達依頼を受けることが可能です。

ウーバー博士

横浜エリアでも東京に劣らず稼げるエリアとして人気があるのじゃ!

横浜エリアも好調!

Uber Eatsで今すぐ配達する

2. Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜エリアの3つの特徴

Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜エリアの3つの特徴

Uber Eats(ウーバーイーツ)の横浜エリアでは特徴となる部分が上記3存在します。

特に、横浜ではUber Eats(ウーバーイーツ)では需要・認知度が高いことからも配達依頼数は比較的多く、運営から差し引かれる手数料も東京に比べ安いという特徴があります。

しかし、ブーストが発生しにくいとの意見があり、いまいち報酬が伸びない印象も見受けられます。

横浜エリアの詳しい特徴について以下で説明します。

横浜エリアの特徴を理解しておくことで、今後配達パートナーとして活動を検討している方にとって有益な情報となるでしょう。

2-1. 運営から引かれる手数料が安い

Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜エリアは運営から引かれる手数料が安い

横浜エリアではUber Eats(ウーバーイーツ)の運営から差し引かれる手数料が東京・埼玉・千葉エリアの35%に比べ、5%と安く設定されています。

また、横浜エリアでは配達依頼も多いため、関東エリアでは比較的お得に稼げるエリアとも言えるでしょう。

2-2. ブーストが発生しにくいとの意見がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜エリアはブーストが発生しにくいとの意見がある

一方で、配達依頼数や手数料の安さには定評がありますが、横浜エリアではブーストが発生しにくいとの意見も見られます。

通常ブーストは配達依頼が多い場合や、活動している配達パートナーの数が少ない場合に発生するボーナスのような仕組みです。

そのため、ブーストが発生しにくいためイマイチ報酬が伸びにくくなってしまいます。

※2019年の6月下旬に行われた料金改定で、ブースト重視の報酬体系から基本報酬が重視される形態へと修正されました。

ウーバー博士

これならブーストが発生しにくい不利な状態も改善できたかもしれんのう。

2-3. 配達中に事故に遭うリスクもあるので注意

Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜エリアは配達中に事故に遭うリスクもあるので注意

配達パートナーは仕事柄、自転車や原付で運転する必要があるため、事故に遭うリスクもあります。

特に、横浜では交通量や人混みが多いエリアもあるので注意が必要になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達パートナーの方に自転車保険がかかっていますが、料理の配達中のみ適用となっているため、料理のピックアップ時や帰宅時など「配達中以外の時間」については保険適用外です。

そのため、自転車で配達を行う方は、事故のリスクに備えヘルメットの着用をすることが好ましいでしょう。

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

3. Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜エリアでの収入に関する評判

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋エリアでの収入に関する評判

ウーバー博士

ブーストがなかった場合だとしても時給換算で約1150円も稼げておるみたいじゃな。

 

こちらも時給換算で約1400円ですね!

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

 

ウーバー博士

副業として毎週+α 30000円も入ってきたら嬉しいのう!

 

やはり、鳴る時・鳴らない時の差もあるみたいですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

 

ウーバー博士

時給換算で約1200円。割りに合わない案件は断る。これが意外に大事なのじゃ!

 

ネット上の意見から見ると、横浜エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)は、大体時給換算で1200円前後ほどが相場と言えるでしょう。

もちろん、鳴る時・鳴らない時、活動エリアによってバラツキはありますが、短時間でも需要が高い時間帯を狙えば高時給を稼ぐこともできます。

もちろん、隣町の川崎市や東京まで遠征に行って稼ぐことも可能なので、フットワークが軽い方は出稼ぎも有効手段に鳴るでしょう。

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

4. 横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになる方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録条件

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーとしての副業は、「18歳以上で国内で働く資格のある人」なら面接もシフトを提出する必要無く誰でも簡単に登録することができます。

また、年齢だけでなく配達パートナーの仕事は、制服・髪型の指定がないこともメリットです。

だだ一つ注意すべきことは、基本的に配達の際に利用可能な交通手段が自転車もしくは125cc以下のバイク(原付)に限られていることです。

自転車や原付を持っていない方でも、横浜エリアではレンタル自転車・バイクを利用することもできます。

自転車のレンタルをしたい場合には、baybikeヤマハYPJがおすすめです。

バイクのレンタルを行いたい場合には、帝都産業(TEITO)などを利用することで、Uber特別プランで月額16,000円で定額で借りることができるます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜で配達パートナーとして活動を始めるためには、まず始めに以下3ステップで登録を行う必要があります。

配達パートナーの登録は簡単で最短即日で完了することもできます。

横浜のパートナーセンター(横浜市中区弁天通4-53-2 DOMONビル4階A)は予約不要で12:00〜19:00までの営業しています。(定休:火曜・木曜・日曜)

パートナーセンターでの正式登録が完了すると、配達専用バッグが配布されます。専用バッグに関しては、デポジットとして8,000円がUber Eats(ウーバーイーツ)での収入から差し引かれ、バッグ返却時にキャッシュバックされます。

配達パートナーの登録は非常に簡単で、大学生でも学生証や保険証などの身分証明証を持っていれば、すぐに働くことができます。

また、お住いがUber Eats(ウーバーイーツ)のサービスエリア外の方でも、利用可能エリアで働ける方であれば登録可能となっています。

最短即日で登録完了!

Uber Eatsで今すぐ配達する

 

まとめ|Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜エリアは西区周辺が稼げるエリアとしておすすめ!

Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜エリアは西区周辺がおすすめ!

2019年7月現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜エリアでは西区・南区・中区・保土ヶ谷区・神奈川区・港北区・磯子区・鶴見区で利用可能となっています。

横浜エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)の利用可能時間は、午前10:00〜深夜23:00までと比較的短めになっています。

配達パートナー志望の方に関しては、横浜エリアの中でも特に横浜駅・みなとみらい駅・桜木町駅周辺が最も稼げるエリアと言われています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の横浜エリアの特徴は以下3点。

特に、横浜ではUber Eats(ウーバーイーツ)では需要・認知度が高いことからも配達依頼数は比較的多く、運営から差し引かれる手数料も東京に比べ安いという特徴があります。

 

横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動を始めるためには、まず始めに以下3ステップで登録を行う必要があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、「18歳以上で国内で働く資格のある人」なら面接もシフトを提出する必要も全く無く誰でも登録可能。最短即日で登録完了することもできます。

この記事を最後まで読んだあなたが、横浜エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)について、利用可能エリア・メリット・デメリット・評判などの情報を十分に理解し、今後横浜で配達パートナーとして活動すべきかどうか判断できれば幸いです。

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)