Uber Eats(ウーバーイーツ)をやってみた人から分かったリアルな体験談・良かった点・不安に感じた点について徹底解説
・Uber Eats(ウーバーイーツ)って実際どうなの?
・配達パートナーってどんな仕事内容なの?
・やってみて感じた良い点、不安な点は?
・体験者のリアルな意見が知りたい…

もしかすると、この記事を見つけたあなたは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが一体どんな働き方なのか、実体験に基づくリアルな感情について知りたいと思っているのではないでしょうか。

確かに、Uber Eats(ウーバーイーツ)は一概に稼げると言っても、実際に働くまで仕事の内情がわかりませんよね。不安や始めることにためらいを感じてしまってはいませんか?

この記事では、配達パートナーとして活動しようか検討している方のために、現役配達パートナーから聞いたUber Eats(ウーバーイーツ)の仕事で感じた良い点・不安な点などリアルな体験談を包み隠さず紹介しています。

この記事を最後まで読めば、実際に配達パートナーとして活動する時のビジョンやイメージが湧き、今後あなたが活動すべきかどうか判断することができるでしょう。

現役配達パートナー

大阪で現役配達パートナーとして活動していますが、実際に様々なメリットを感じています!

2. Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやってみて感じた5つの良かった点

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやってみて感じた5つの良かった点

実際に、Uber Eats(ウーバーイーツ)をやってみた方の感じた配達パートナーの良い点は、上記5つが挙げられます。

特に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事は自由度が高く融通が効くことからも、ライフスタイルの適合性が高いというメリットが大きく感じられます。

以下では、Uber Eats(ウーバーイーツ)を体験してみた方が率直に感じた良い点について詳しく説明します。

配達パートナーとして活動しようか悩んでいる人も、今後利用するメリットを十分に理解できるでしょう。

2-1. 時間を有効活用できる

Uber Eats(ウーバーイーツ)は時間を有効活用できる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事には、従来のバイトのようにシフトやノルマなどが全く無く、アプリをオンにするだけで基本的に9:00〜24:00までの間であればいつでも自由に働けます。

そのため、やる気が出ない日や、急用ができてしまった日でも自分自身のライフスタイルを優先することができ、働きたいと思った時に自由に働くことができます。

シフト制のバイトをやっていた時のように無理に時間を縛られることなく、隙間時間など時間を有効活用して働けると感じられます。

もちろん、30分〜数時間程度の短時間だけでも効率よく稼ぐことができるため、大学生・主婦・サラリーマンなど、どんな方でも時間を有効活用して副収入を稼ぐことが可能でしょう。

2-2. 自分一人の力で稼ぐ実感が得られる

Uber Eats(ウーバーイーツ)は自分一人の力で稼ぐ実感が得られる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事は基本的に他人とは関わらず自分一人で働きます。

配達依頼を受ける所から、実際に料理を届けるまで自力で業務を行うため、自分の力で稼ぐ実感が得られます。

実際、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは個人事業主という立場からも、自分の力で配達の業務を全て完了する必要があります。

そのため、配達の効率が悪ければ最低時給を下回る可能性があることなど、自己解決能力が試される部分も感じます。

しかし、自分一人で業務を行うため人間関係のストレスがほとんどなく、裁量次第で高時給を稼ぐこともできるので、配達に慣れれば快適に働くことができるでしょう。

2-3. 退屈さを感じることがほぼない

Uber Eats(ウーバーイーツ)は退屈さを感じることがほぼない

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは仕組み上、自由に働けるため通常のバイトに比べ退屈しにくいというメリットも感じられます。

またUber Eats(ウーバーイーツ)は成果報酬形態であるため、効率よく働けば働くほど高報酬を得ることが可能。

さらに、配達回数に応じて追加報酬が入る「クエスト」や、働く時間帯によって保有倍率が上がる「ブースト」など、ボーナスが得られる仕組みもあるため、ゲーム感覚で楽しく働くことができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では時間に縛られず自由に働くことができるため、やる気が下がればいつでも止めることができます。

そのため、退屈するまで働く必要が無く、モチベーションを維持しやすい仕事であると感じます。

しかし唯一、配達依頼が来ない場合、いわゆる「鳴らない」時には待機しておく必要があるため退屈さを感じてしまうこともあります。

あくまでも業務中は比較的やりがいや達成感を感じますが、活動エリアによって鳴らないこともあり、待機し続けるとモチベーションも下がってくるので、繁華街や配達需要の高まる時間に集中して働くことが鍵となるでしょう。

2-4. アクティブになれる

Uber Eats(ウーバーイーツ)で働くことでアクティブになれる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは仕事柄、自転車や原付で活発に移動するため、普段家から出ないインドアな方や、デスクワーク方、家事・育児に終われる主婦などにとっては、働きながらも気分転換をすることができます。

配達パートナーとして外に出る機会があることで、普段から室内に籠もりっきりの方でも億劫にならず、アクティブになることができます。

現役配達パートナー

頑張った分だけ報酬も高くなるので、やる気が出ます!

2-5. 健康意識が芽生える

Uber Eats(ウーバーイーツ)で働くことで健康意識が芽生える

配達パートナーの仕事は、自転車や原付の移動で適度な運動が取れることからも、普段気にしていなかった健康に関しても見直す機会ができます。

実際、配達パートナーの仕事を行うと、汗をかいたり筋肉痛になったりすることからも、予想以上に体を動かしていることがわかります。

配達に慣れてくると、筋力や体力などの向上を感じることもできるため、普段から運動をしない方にとっては稼ぎながらも健康を気遣える一石二鳥の活動と言えるでしょう。

もちろん、女性の方でも健康維持のためにもオススメできるでしょう。

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

3. Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやってみて感じた5つの不安な点

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやってみて感じた3つの不安な点

一方で、Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事をやってみて、上記5つの不安な点を感じました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はあくまでも個人事業主。そのため、個人としての責任や自己管理の必要性を感じます。

以下では、配達パートナーとして活動した際の不安な点ついて詳しく説明します。

これから配達パートナーとして働こうと考えている方も、あらかじめ不安な点について理解しておくことで対策することがができるでしょう。

3-1. 体力的なしんどさを感じる時もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)は体力的なしんどさを感じる時もある

配達パートナーの仕事は肉体労働であることからも、特に自転車で配達を行う方は体力的なしんどさを感じることもあります。

初心者配達パートナーの方のほとんどが筋肉痛を経験すると言われている通り、ロングピックや坂道などは特に体力を使います。

さらに、Uber Eats(ウーバーイーツ)お仕事は仕組み上、レストランに料理をピックアップした後に注文者の住所が表示されます。そのため場合によっては予想外の遠さになってしまうこともあります。

また配達パートナーは18歳以上であれば年齢制限に上限がないため、リタイア後に活動する方は特に体力の衰えを感じてしまうでしょう。

そのため、体力に自信の無い方や、なるべく疲れを残したく無い方は、原付や電動自転車で配達を行うことをオススメします。

3-2. 三日坊主になる可能性もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)は三日坊主になる可能性もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事は自由に働くことができる反面、誰も仕事やスケジュール管理を行わないので、三日坊主になる可能性もあります。

特に初心者の場合は、体力的な疲れや配達に不慣れであることからも、三日坊主になる確率も高く、自分でモチベーションをあげて働く必要があると感じます。

通常のバイトのように労働時間が管理されていない反面、特にお金が必要な人に関しては、自分で働く時間を確保することや、感時間でも効率よく稼ぐ、自己管理能力が必要になるでしょう。

3-3. 料理の配達の際に責任を感じる

Uber Eats(ウーバーイーツ)は料理の配達の際に責任を感じる

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、レストランから受け取った料理を注文者まで溢さず安全に運ぶ必要があるので、多少の責任も感じることがあります。

特に液体類に関しては、細心の注意を払わないと溢れる可能性も高いので、心理的なストレスを感じることもあります。

そのため、配達の際には料理が溢れないために、バックの隙間にタオルを入れることや、100金のプレスチックトレーを入れて安定性を高めるなど、工夫する必要があるでしょう。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)のバッグは大きいので、レストランに料理を受け取りに行く時や、混雑した道ではぶつからないように注意する必要があります。

もちろん、料理だけでなく配達の際には交通事故に巻き込まれる危険性もあるので、安全運転やヘルメットの着用を心がけましょう。

現役配達パートナー

実際、私もタピオカドリンク一つだけの依頼を受けた時は溢しそうでヒヤヒヤしました…

3-4. 注文者までの配達が予想以上に長くなる場合がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)では注文者までの配達が予想以上に長くなる場合がある

配達パートナーの仕事は、レストランで料理を受け取った後に注文者の元へ料理の配達をする必要がありますが、注文者の住所は料理を受け取った後しかわからないような設定になっています。

そのため、思いのほか配達距離が長くなってしまう場合もあります。

もちろんUber Eats(ウーバーイーツ)では注文者までの配達は距離に応じて報酬が上がる仕組みになっているので、報酬が下がる心配はありません。

しかし、配達距離が長ければ8〜10キロ近くになる場合もあるので、特に疲れている時にはストレスを感じてしまう事もあります。

3-5. レストランや注文者の住所がわかりにくい場合もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)ではレストランや注文者の住所がわかりにくい場合もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達ではレストランや注文者の住所がわかりにくい場合やアプリに不具合により、位置情報がズレることがよく起こります。

そのため、場所がわ借りにくい場合には、レストランや注文者に電話で直接確認を取ることや、アプリの不具合が起きた場合にはグーグルマップで再検索するなどの手間がかかります。

配達パートナーの仕事は他人と関わることが基本ありませんが、トラブルが起こった場合には対応力が求められる場合もあるので注意が必要です。

現役配達パートナー

配達パートナーは個人事業主なので、自己解決能力も求められます!

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

まとめ|不安な点をあらかじめ理解して働けばメリットも十分に感じられる副業!

Uber Eats(ウーバーイーツ)はライフスタイルに合わせやすく裁量次第で高報酬が稼げる!

単なるフードデリバリーサービスとしてだけでなく、誰でも配達パートナーとして気軽に稼げることから大きく注目されているUber Eats(ウーバーイーツ)。

近年の副業ブームからも、サラリーマン・学生・主婦など様々な方が実際に配達パートナーとして活動しています。

今回は、実際に配達パートナーの方から伺ったUber Eats(ウーバーイーツ)で働いて良かった点・不安に感じた点について、これから配達パートナーになろうとしている人にあらかじめ理解しておくべき事を書きました。

実際に配達パートナー働いてみて、感じたUber Eats(ウーバーイーツ)の良い点は以下5点。

特に、配達パートナーの仕事は自由度が高く、時間の融通が効くことからもどんなライフスタイルにも適合できることです。

実際、シフトやノルマなどに縛られる必要なく、本当に働きたい時だけ、ピンポイントで働くことができた点は副業として働く方にとって大きなメリットとなるでしょう。

一方で、配達パートナーをやってみて感じた不安な点に関しては下記5つです。

あくまでも、配達パートナーの仕事は個人事業主。報酬も成果報酬形態なのでより多く稼ぐためには自分自身で働く時間や配達効率などを管理する必要があります。

そのため、自分自身でモチベーション管理や報酬を増やすための工夫ができる人であれば、Uber Eats(ウーバーイーツ)は非常にオススメできる副業と言えるでしょう。

 

配達パートナーとして活動するためには以下3つのステップで登録が必要になります。

  • Web登録
  • アプリのダウンロード・設定
  • パートナーセンターでの正式登録

登録は最短即日で完了できるため、配達パートナーの仕事に興味を持った方は、一度自分に合っている働き方なのか試してみると良いでしょう。

もちろん、配達パートナーの仕事が合っていないと感じの場合には、すぐに辞めることも可能です。

この記事を最後まで読んだあなたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)のリアルな体験談から良い点・不安な点など内情を理解し、納得して配達パートナーとして活動できることができれば幸いです。

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)