ubereats(ウーバーイーツ)は大学生が稼げる
・大学生でも配達パートナーになれる?
・大学生特有のメリット、デメリットは?
・評判はどうなの?
・どんな大学生に向いているの?

もしかすると、この記事を見つけたあなたは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー仕事は大学生にとってどんなメリット・デメリットがあるのか気になっているのではないでしょうか。

確かに、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは全国で1万5千人以上活動しているとも言われており、大学生のライフスタイルにも適応できるかどうか気になってしまいます。

結論から言うと、配達パートナーの仕事はシフト・ノルマ・服装など全く規制がなく、誰でも自由に働けることから大学生にも高い人気があります。

さらに、通常のバイトに比べ平均時給も高いことから、空きコマなど短時間でも効率よく稼ぐことも可能です。

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーについて大学生特有のメリット・デメリット・評判について詳しくまとめています。

この記事を最後まで読めば、大学生のあなたが今後配達パートナーとして活動すべきかどうか判断することができるでしょう。

大学生の私でも、空きコマを使って効率よく働けると聞いてきたのだが。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

イーツ博士

この記事を最後まで読めば配達パートナーの仕事は大学生にぴったりの仕事だと言うことが詳しくわかるぞ。

1. Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働く大学生の7つのメリット

大学生がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働くメリットとして、上記7点が挙げられます。

中でも、配達パートナーの仕事は自由度が非常に高いため、好きな時間に好きな格好で働くことができます。

そのため、多忙な大学生でも隙間時間を見つけて効率よく働くことができます。

上記のメリットについて以下で詳しく説明します。

メリットを熟知しておくことで、大学生のあなたが配達パートナーとしてどれだけ有利に働けるのか理解できるでしょう。

1-1. 空きコマを使って気軽に稼げる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事にはシフトが存在しません。

そのため、大学の空きコマや隙間時間を有効活用して稼ぐことも可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用時間は9:00〜24:00までとなっており、アプリをオン/オフにするだけで自由に働くことが可能なため、短時間でも効率よく働くこともできます。

そのため大学生にとっては、授業や遊びの予定を変更することなく、自身のライフスタイルに合わせて働けるでしょう。

1-2. 自由な格好ですぐに働ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事は、服装や髪型・髪色などに指定が全く無いため、ファッションを気にすることなく働くことができます。

そのため、大学の隙間時間など格好を気にせず、すぐに働くことができます。

大学生のあなたでも配達パートナーとして働くことで、従来のバイトのように、髪色・髪型・ピアスなどあなたのファッションスタイルをわざわざ変える必要はもうありません。

※配達の際はUber Eats(ウーバーイーツ)指定のバッグが必要になります。

1-3. 働き方次第でバイトよりも高時給が稼げる

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事は、平均時給1200円前後と比較的高時給と言われています。

そのため、他のバイトに比べ効率よく働くことができれば、より多く稼げるでしょう。

配達パートナーの仕事は配達を行なった数に応じて報酬がもらえる歩合制のため、最低時給は存在しません。

しかし、効率よく配達を行うコツをつかむことができれば時給換算で2000円近くも稼ぐことも可能なため、自分の裁量で働きたい方には向いていると言えるでしょう。

1-4. 報酬が週払い制なので即金制が高い

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は週払い制となっており、一週間(月〜日曜日)に稼いだ報酬は翌週水曜日、登録した口座に自動で振込まれます。

そのため、月払いのバイトに比べ即金性が高いため、すぐにお金が欲しい方にとって嬉しいでしょう。

特に大学生は買い物・遊び・旅行などお金を使う機会も多いと思われるので、Uber Eats(ウーバーイーツ)すぐにお金が手に入る点もメリットに感じるでしょう。

1-5. ゲーム感覚で楽しく働ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、自分の力量次第でゲーム感覚で働ける点が魅力的です。

実際、Uber Eats(ウーバーイーツ)には、配達回数に応じて追加報酬が入る「クエスト」や、働く時間帯によって保有倍率が上がる「ブースト」などより多く稼げる仕組みもあるので、モチベーションを高く働くことができます。

また、ネットやテレビで話題が出ると、実際に自分も関われている感覚がある事など、やりがいを感じられる一面もあります。

特に大学生にとっては、要領次第で報酬アップが可能で、ゲーム感覚で働ける楽しい仕事となるでしょう。

現役配達パートナー

上記記事では現役配達パートナーの私が実践している配達のコツを伝授しています!

1-6. 人間関係のストレスを感じる必要がほぼない

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、スマホ一つでコミュニケーションが取れるため、面倒な人間関係のトラブルが起こりにくいというメリットがあります。

そのため、バイト先で起こりがちなパワハラ・セクハラ・嫌がらせなど受ける必要がなく、自由に働くことができます。

人間関係のストレスを感じやすい方や、他人に左右されることなく自分の裁量で稼ぎたい方にとってはストレスフリーで働ける環境となるでしょう。

1-7. 登録が簡単で誰でもすぐに働ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーとしての仕事は、「18歳以上で国内で働く資格のある人」なら誰でも登録可能です。

そのため、通常のバイトのように面接や履歴書で落とされる必要はもうありません。

もちろん、配達パートナーの登録は非常に簡単で、大学生でも学生証や保険証などの身分証明証を持っていれば、すぐに働くことができます。

  • Web登録
  • アプリのダウンロード・設定
  • パートナーセンターでの正式登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーとして活動を始めるためには、まず始めに上記3ステップで登録を行う必要があります。

登録は非常に簡単なので、最短即日からでも配達パートナーとして稼ぐこともできます。

最短即日で登録完了!
Uber Eatsの登録はこちら

 

イーツ博士

上記記事ではUber Eats(ウーバーイーツ)の登録方法について詳しく説明しておる。
配達パートナーに興味のある大学生は記事を参考に同時進行で登録すると便利じゃ!

 

2. Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働く大学生4つのデメリット

一方で、大学生がUber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーとして働くデメリットになる点が上記4点存在します。

特に、自転車を持っていない方は初期投資が高くかかってしまうため、ハードルが高く感じてしまうでしょう。

上記のデメリットについて以下で詳しく説明します。

2-1. 初期投資がかかる

配達パートナーとして働くためには、自転車、スマホスタンド、モバイルバッテリーなど、少なからず配達の際に必要なグッズを揃える必要があります。

特に自転車や原付を持っていない方には初期投資として多額のコストがかかることもあります。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)ではドコモシェアバイクCOGICOGI帝都産業(TEITO)等の自転車・原付の貸し出しサービスと提携しており、Uber特別プランで月額4,000〜16,000円で定額で借りることもできます。

そのため若干のコストはかかりますが、自転車・原付を持っていないからといって配達パートナーの仕事を諦める必要はありません。

2-2. 配達の際には専用のバッグが必要

配達パートナーの仕事はファッションが自由ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)専用のバッグを携帯しておかないと配達はできません。

そのため、大学の空きコマに働きたい方などは配達専用のバッグを携帯しておく必要があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)専用のバッグは折りたたみもできるため、携帯することももちろん可能ですが、荷物にはなってしまうでしょう。

2-3. 事故や怪我のリスクもある

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは仕事柄、自転車・原付での移動時間が長いため事故や怪我をするリスクも高いというデメリットがあります。

もちろん、配達パートナーの方には料理の配達中のみ対人・対物賠償保険の適用されています。

しかし、料理の受け取り時や帰宅時など「配達中以外の時間」については保険適用外となっており、実際事故に遭った配達パートナーの方も、保険が下りなかったという意見もあります。

そのため、事故や怪我で本業の学業がおろそかになることがないように、ヘルメットの着用や安全運転を心がけるなど注意が必要です。

2-4. 雨や風など天気が悪い時には働きにくい

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、雨や風、夏の日差しなど天候に左右される一面もあります。

特に梅雨の時期や夏の暑い日、雪の日など、気をつけて配達しないと怪我や事故、熱中症になる可能性もあるでしょう。

しかし、天候が悪い場合には活動する配達パートナーの方も減るため、インセンティブやクエストなど、報酬が上がるイベントが発生しやすいというメリットもあります。

そのため、報酬を伸ばすためにあえて天候が悪い状況を狙って活動する方も多くいます。

天候が悪い日には、くれぐれも事故や体調管理には気をつけて活動してください。

最短即日で登録完了!
Uber Eatsの登録はこちら

 

3. Uber Eats(ウーバーイーツ)に関する大学生の評判

 


現役大学生の配達パートナーの彼も多くのメリットを感じていますね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

 


ウーバー博士

うまく稼げると1日で2万円以上…その辺の会社員より稼いでいるみたいじゃ。

 


確かに、効率よく働くコツを見つけることが重要ですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

 


ウーバー博士

隙間時間でも有効活用じゃ!もちろん自転車を持っていない大学生でもレンタルできるぞ。

 


最近では、大学生配達パートナーのコミュニティーまでも作られているみたいですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

 

まとめ|Uber Eats(ウーバーイーツ)は自由な働き方を求める大学生におすすめ!

 

シフトやノルマ、ファッションスタイルなど、規制されることなく自由に働けるUber Eats(ウーバーイーツ)。

大学生でもライフスタイルを変えることなく、隙間時間に稼げることから、今人気の働き方として注目されています。

大学生がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動すべきメリットは以下7点があります。

中でも、配達パートナーの仕事は自由度が非常に高いため、好きな時間に好きな格好で働くことができます。

そのため、多忙な大学生でも隙間時間を見つけて効率よく働くことができます。

 

しかし一方で、大学生にとってデメリットとなる部分が以下4点存在します。

配達パートナーの仕事は、自転車や原付を使い外で配達を行う仕事柄からも、天候に左右されることや事故を起こすリスクもあります。

特に大学生は、本業の勉強をおろそかにしないためにも、事故や怪我に注意することが大切でしょう。

 

この記事全体を踏まえ、以下に当てはまる大学生は配達パートナーの仕事に向いていると言えるでしょう。

  1. ファッションを気にせず働きたい方
  2. シフトに囚われることなく自由に働きたい方
  3. 空きコマなど隙間時間を利用して働きたい方
  4. 人間関係のストレスを感じることなく働きたい方
  5. ゲーム感覚で楽しく働きたい方

上記に当てはまる大学生は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動することをおすすめします。

 

配達パートナーの登録は以下3ステップで簡単に登録できます。

  • Web登録
  • アプリのダウンロード・設定
  • パートナーセンターでの正式登録

登録は最短即日で完了できるので、興味を持った大学生は登録しておくことをおすすめします。

この記事を最後まで読んだ大学生のあなたが、配達パートナーとしての働き方についてメリット・デメリット両面を理解し、今後働くべきかどうか判断することができれば幸いです。

最短即日で登録完了!
Uber Eatsの登録はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です