Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み・ビジネスモデルってどうなってるの?図解を用いて詳しく解説!
・今人気のUber Eats(ウーバーイーツ)って一体何なの?
・どんな仕組のサービスなの?
・ビジネスモデルについて詳しく知りたい…

もしかすると、この記事を見つけたあなたは、Uber Eats(ウーバーイーツ)がどんな仕組みなのか、ビジネスモデルについて詳しく知りたいと思っているのではないでしょうか。

確かに、昨今フードデリバリーの人気からもUber Eats(ウーバーイーツ)の需要は伸び続け、今では日本でも人気のサービスとなっています。

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みについて図解を用いて詳しく説明しています。

この記事を最後まで読めば、Uber Eats(ウーバーイーツ)が一体どんな仕組みのサービスなのか理解できるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は単なるフードデリバリーサービスじゃなくで、配達パートナーとして働ける点も魅力的ですよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

ウーバー博士

仕組みについて理解しておくと、報酬もアップが期待できるかもしれんぞ?

1. Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みはレストラン・注文者・配達パートナー三者をマッチングさせるプラットフォーム

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みはレストラン・注文者・配達パートナー三者をマッチングさせるプラットフォーム

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みは、「レストラン」「料理の注文者(ユーザー)」「配達パートナー」の三者をアプリ上で繋ぐ役割を果たしています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、レストランと配達パートナー二者と契約を交わしており、アプリ上に提携レストランの料理を掲載することで、より注文を受けやすくなる仕組みを提供しています。

さらに、注文が入ると配達依頼を配達パートナーに委託することで、一部の料金が配達料として配達パートナーに支払われる形となっています。

「レストラン」「料理の注文者(ユーザー)」「配達パートナー」三者のより詳しい仕組みについては以下で説明します。

1-1. Uber Eats(ウーバーイーツ)のレストラン・店舗の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)のレストラン店舗の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)で掲載されているレストランの店舗数は4500以上に登ると言われています。

レストラン側は、Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録することで、お店の料理を掲載してもらえます。

掲載料金に関しては、店舗のUber Eats(ウーバーイーツ)での売上総額の35%を支払う必要があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で料理が掲載されることで、レストラン側はお店の認知度向上やマーケティングをコストを抑え、売り上げを伸ばすことが可能というメリットがあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)からレストランに料理の注文が入れば、配達パートナーの方が料理のピックアップに来ます。

配達パートナーへの配達料は料理の注文者が負担しているので、レストラン側はUber Eats(ウーバーイーツ)運営への掲載料金としてUber Eats(ウーバーイーツ)での総売上げの35%の支払いのみで利用することができます。

なるほど、レストラン側もUber Eats(ウーバーイーツ)に掲載料として売り上げの一部を支払っているんですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

1-2. Uber Eats(ウーバーイーツ)料理の注文者・ユーザーの仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)料理の注文者・ユーザーの仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)で料理を注文する際、レストラン探しから料理の注文、支払いまでアプリ一つでできてしまうことは非常に魅力的です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で料理を注文する場合には、まず個人情報やクレジットカードなどを登録する必要があります。

登録が完了したら、アプリ上で好きな料理を探し、ユーザーの現在地に配達を依頼することができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では位置情報を利用することで自分の現在地への配達もできるので、出先やピクニック、お花見など外出中でもユーザーの元に料理が届きます。

また、配達パートナーの方にも位置情報が開示されているので、ユーザーが注文した料理を持った配達パートナーが今どこにいるのかリアルタイムで確認することもできます。

料理が届くと、注文者は料理の代金と距離に応じた配達料を支払う必要があります。

基本は登録しておいたクレジットカード払いとなっていますが、2019年7月現在、大阪・神奈川エリアの一部で配達料を含め上限10,000円までなら現金払いも可能となっています。

ウーバー博士

注文者は料理代・配達料の2点分支払いが必要なのじゃ。

1-3. Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)は

Uber Eats(ウーバーイーツ)での料理の配達は、一般の方でも誰でも9:00〜24:00までの時間であれば配達パートナーとして働くことが可能となっています。

料理の注文者から配達依頼が入ると、Uber Eats(ウーバーイーツ)は登録している配達パートナーに業務委託として配達依頼を送ります。※Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬形態とは?

配達依頼を受け取った配達パートナーは、自転車や原付バイク(125cc以下)を使い、レストランに料理をピックアップし注文者の元に料理を配達します。

配達が完了できれば、配達距離に応じた報酬を得ることができます。

さらに、配達パートナーの仕事には「ブースト」「インセンティブ」など報酬がアップする仕組みも備わっているため、ゲーム感覚で働くことも可能となっています。

配達パートナーは成果報酬形態になるので、最低時給など収入の保証はありませんが、コツを掴めば高報酬も期待できるでしょう。

なるほど、配達パートナーは個人事業主としてUber Eats(ウーバーイーツ)から業務委託を受けている形になるんですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

シフト無しで自由に働く!
Uber Eatsで今すぐ配達する

 

まとめ|Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達パートナーとして高報酬が稼げることでも有名

Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達パートナーとして高報酬が稼げることでも有名

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、レストラン・料理の注文者・配達パートナーをアプリ一つで繋ぐ仕組みになっていることからも、デリバリーで三者をもっと身近にするサービスが展開されています。

2019年7月現在、日本では全国15都市で利用可能となっており、現在でも普及が進んでいる人気のサービスとなっています。

さらに、Uber Eats(ウーバーイーツ)は単なるフードデリバリーサービスではなく、誰でも配達パートナーとして働けることから、副業として人気があります。

隙間時間や休日を利用して気軽に働けることから、サラリーマンや学生、主婦など本業の傍、副業として稼ぐ人も多くいます。

近年、副業が注目されていることに加え、Uber Eats(ウーバーイーツ)もフードデリバリーサービスとして人気を博していることからも、副業を始めたいと思っている方は配達パートナーが非常にオススメできるでしょう。

この記事を最後まで読んだあなたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み・ビジネスモデルについて十分理解し、今後利用すべきかどうか検討することができれば幸いです。

最先端の働き方を体験!
Uber Eatsで働いてみる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です