ウーバーイーツはバイトではない配達パートナー
・Uber Eats(ウーバーイーツ)ってアルバイトよりも稼げるの?
・どんな人に向いているの?
・メリット、デメリットは?
・評判はどう?稼げないとちらっと聞いたけど?

もしかすると、この記事を読んだあなたは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事について通常のアルバイトに比べどのような違いがあるのか気になっているのではないでしょうか。

確かに最近、街でよくUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動している人を見かけることからも、今人気の副業であることも伺えます。

結論から言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)はバイトという雇用形態ではありません。だからこそ配達パートナーの仕事は自由な働き方を求める方に非常にオススメできます。

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事が、通常のアルバイトに比べどのようなメリット・デメリットがあるのか、どんな人が向いているのか徹底解説しています。

この記事を最後まで読めば、あなたがUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動すべきなのか、もしくはそのまま低賃金のバイトを続けるか、その判断することができるでしょう。

最近街でよく見かけるUber Eats(ウーバーイーツ)。実際バイトと比べて給料どうなの?。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

イーツ博士

結論から言うとUber Eats(ウーバーイーツ)は、自由な働き方を求める方には通常のバイトよりオススメじゃ!

1. Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事概要

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事概要は、大きく分けて以下3つの流れになっています。

  • スマホアプリに配達依頼が届く
  • レストランに料理を受け取りに行く
  • 注文者に料理を届ける

上記、配達パートナーの仕事は依頼〜配達まで全てアプリ1つで行います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリは4500以上ものレストラン・店舗が登録されており、ユーザーはアプリから料理を選び注文することができます。

注文者が料理を選ぶと、料理の配達依頼が配達パートナーの元へ届きます。

配達パートナーの方は配達依頼を承諾し、自転車や原付バイク(125cc以下)を利用して実際に注文者の元に料理を届けることができれば報酬となります。

2. Uber Eats(ウーバーイーツ)とバイトを比較した際のメリット6選

Uber Eats(ウーバーイーツ)の働き方について、アルバイトと比較した際のメリットは上記7点あります。

その中でも、ノルマやシフトが無く、ファッションも指定が無い点から非常に自由度の高い仕事であることが伺えます。

さらに、人間関係のトラブルが起きにくい環境からも、他人に左右されることがなく働ける仕事でもあります。バイト代もやり方によっては跳ね上がります。

それでは、メリットについて詳しく説明しましょう。

バイトと比較した際のメリットを理解することで、あなたが今後配達パートナーとして活動すべきかどうか、判断軸が得られるはずしょう。

2-1. 働くまでのハードルが低い

ウーバーイーツでのバイトのハードルの低さ

たったこれらの条件ですぐに始めれます

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーとしての仕事は、「18歳以上で国内で働く資格のある人」なら誰でも登録可能です。

もちろん、外国人や18歳以上の高校生など、履歴書や面接なしで簡単に登録することが可能です。

また、年齢制限の上限も無く定年退職後のシニアの方でも副業として始める点など、誰でも気軽に働くことができてしまいます。

そのため、通常のバイトに比べ面接や履歴書で落とされることもなく、最短即日から働くことも可能なため、報酬を得るまでのハードルが非常に低いというメリットがあります。

2-2. シフトやノルマが無く自由に働ける

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事にはシフトが存在しません。

そのため、休日や隙間時間などアプリをオン/オフにするだけで自由に働くことができます。

また、配達に関してはノルマもなく、9:00〜24:00までの間であれば好きなだけ働くことができます。

そのため、配達パートナーの仕事を始める事で「今日は早く上がりたい…」、「もう少し稼ぎたい」など融通の効かないバイトの悩みを感じる必要はないでしょう。

2-3. 服装自由!ファッション・ライフスタイルに合わせやすい

ウーバーイーツはアルバイトじゃないから服装自由

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーには指定の配達バッグは必要ではありますが、服装や髪型の指定はありません

そのため、髪色・髪型・ピアス・ファッション等を気にする事なくどんな格好でも働けてしまいます。

実際、コスプレの格好で配達している方もいることなど、どんなファッションスタイルでも適応できるでしょう。

※配達パートナーの仕事はあくまでも接客業なので、利用者が不快に思う格好等には気をつけましょう。


2-4. 支払いサイクルが短い!報酬が週払いでもらえる

ウーバーイーツバイトの支払い、給料サイクルは早い

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は週払い制となっており、1週間(月〜日曜日)に稼いだ報酬は翌週水曜日、登録した口座に自動で振込まれます。

そのため、通常のバイト代のように月の終わりまで待つことはありません。実際に手元にお金が入るまで苦しむ必要もなくなります。おめでとうございます。稼いだ報酬は来週にすぐ受け取れます。

2-5. 引っ越しをしても全国15都市ならどこでも働ける

ウーバーイーツバイは全国どこでも配達可能

2019年7月現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動できるエリアは15都市となっています。

それぞれのエリアのUber Eats(ウーバーイーツ)普及状況により、案件数に違いはありますが、それぞれの都市の中心部であれば配達パートナーとして活動可能でしょう。

さらに現在でも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の普及エリアは拡大しており、今後配達パートナーとして活動できる都市も増えるでしょう。

そのため、バイトと違って職場が変わればまたアルバイト先を探したり、面接を受け直したりする必要もありません。

2-6. 人間関係のトラブルが起きにくい

ウーバーイーツバイトはストレスなし

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では、面倒な人間関係に悩まされる必要が一切無いという大きなメリットがあります。

配達パートナーの仕事はスマホ一つでコミュニケーションが取れるため、人間関係のトラブルが圧倒的に少ないことが魅力です。

そのため、バイト先や職場などで起こりやすいイジメやセクハラなど、人間関係のストレスを感じる必要はありません。

2-7. 配達パートナーの多くが高時給を稼いでいる

ウーバーイーツアルバイトは高時給、高収入、高報酬

Uber Eats(ウーバーイーツ)での収入の目安は時給換算で1,200円前後が平均と言われています。

収入に関しては、配達パートナーとして活動するエリアや経験数、交通手段によって違いはありますが、配達に慣れると日給で1万円以上も稼ぐことができます。

そのため、通常のバイトのように定額の時給に縛られることなく、努力次第では週2日ほどの稼働でも5万〜12万ほど稼ぐこともできるでしょう。

平均報酬はバイト以上!

Uber Eatsで今すぐ配達する

ウーバー博士

上記記事では各都市の見込み報酬について詳しくまとめておるぞ!

3. Uber Eats(ウーバーイーツ)とバイトを比較した際のデメリット

一方で、一般のバイトと比較した際にUber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットとなる部分が上記4点あります。

特に、配達パートナーは個人事業主の仕事に当てはまるため、補償が乏しい面や税金申請も必要になる点には注意が必要です。

以下ではデメリットについて詳しく説明します。

3-1. 働く地域によって報酬に差がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)現在、全国15都市で利用可能となっていますが、普及状況や加盟店舗数、人口数などの側面から注文依頼数も違いがあります。

そのため、活動エリアによっては報酬額に差が出てしまうでしょう。

特に東京23区や大阪など、大きな都市では需要が高いですが、普及したばかりの芦屋市・西宮市・戸田市・蕨市などのエリアは、見込み収益も変わる可能性があります。

3-2. 交通事故を起こすリスクもある

Uber Eats(ウーバーイーツ)では仕事柄、自転車やバイクでの移動が必要になるため、配達中に事故に遭遇するリスクもあります。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)では対人・対物賠償保険がありますが、自転車保険は料理の配達中のみ適用とされていることからも料理を運んでいない際には自己責任となる可能性もあります。

実際に交通事故に遭われた配達パートナーの方も、料理の配達中ではなかったため、医療費負担や休業補償が何も出なかったと述べています。

そのため事故のリスクを回避するためには、ヘルメットの装着や、日頃からスピードを出しすぎないこと、よく周りを見ることなど注意を心がけることが大切です。

3-3. 個人事業主として納税が必要になる場合がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事は、個人事業主に値するので報酬額によっては確定申告をする必要性も出てきます。

会社勤めの方や複数のバイトを掛け持ちしている方の場合、Uber Eats(ウーバーイーツ)での年収が20万円以下で、会社側が年末調整を行ってくれる場合のみUber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告は不要となります。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事を専業としている場合(バイトなど)は年間38万円以内であれば確定申告の必要はありません。

収入とは、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼いだ金額から必要経費(ガソリン代など)を差し引いた金額となります。経費がかかった場合には領収証を残しておきましょう。

3-4. 最低報酬額が定められていない

Uber Eats(ウーバーイーツ)での報酬が全て歩合制となるため、バイトのように時給や最低賃金が設定されていません。

そのため、配達の効率が悪ければ報酬が最低賃金以下となってしまう可能性もあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は一件あたり大体600〜700円なので、少なくとも1時間に2件以上の配達を行うことが好ましいとされています。

しかし、うまく配達ができれば時給換算で1500円以上稼げることもあるので、効率よく配達を進めるコツをつかむ必要があるでしょう。

自分の裁量で自由に働くなら!

Uber Eatsで今すぐ配達する

4. Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録方法は3ステップ

  • Web登録
  • アプリのダウンロード・設定
  • パートナーセンターでの正式登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーとして活動を始めるためには、まず始めに上記3ステップで登録を行う必要があります。

配達パートナーの登録は簡単で最短即日で完了することもできます。

しかし、登録の際には必要書類や、パートナーセンターに行く必要もあるので、Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業に興味をお持ちの方は、以下の記事を見ながら同時進行で登録を進めると便利でしょう。

最短即日で登録完了!

Uber Eatsで今すぐ配達する

5. Uber Eats(ウーバーイーツ)の働き方に関する評判


ウーバー博士

努力した分だけ稼ぎも大きくなるのでやる気も上がりやすいのじゃ。

 


なかなか高時給ですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

 


ウーバー博士

確かに天候に左右されてしまう一面もあるのう。

 


思いやり。こんな嬉しいキャンペーンも。泣

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

 

ウーバー博士

交通ルールに注意ておかなければ痛い目を見ることもあるようじゃの…

 

まとめ|Uber Eats(ウーバーイーツ)はバイトよりも自由に働ける!

今では全国的に浸透しつつあるフードデリバリーサービスUber Eats(ウーバーイーツ)。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は単なるデリバリーサービスだけで無く、配達パートナーとして誰でも気軽に働けることから副業としても最近注目されています。

しかし、通常のバイトに比べどのようなメリット・デメリットがあるのか、この記事では比較して解説しました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の働き方について、バイトと比較した際のメリットは7点があります。

特に、シフト・ノルマ・ファッション・面倒な人間関係などあらゆる面において自由度が高いことから、どんなライフスタイルにも適用できるというメリットが大きいでしょう。バイトとは異なる、新しい働き方です。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働くことで、従来のバイトのようにライフスタイルを縛られる必要もありません。

 

しかし、注意として一般のバイトと比較した際にUber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットとなる部分が4点あります。

あくまでも、配達パートナーは個人事業主になるため、事故のリスクや確定申告など自身で対処すべき内容も多くあります。

 

上記、メリット・デメリットを踏まえ、Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業は、以下に当てはまる方に向いていると言えるでしょう。

  1. 自分の裁量で稼ぎたい方
  2. 学生や主婦など隙間時間を使って働きたい方
  3. 自分のライフスタイルに合わせて自由に働きたい方
  4. 人間関係のストレスを感じずに働きたい方

当てはまる方は、通常のバイトよりもUber Eats(ウーバーイーツ)の副業をオススメできます。

 

配達パートナーの登録方法は非常に簡単で、以下3ステップで最短即日で登録完了できます。

  • Web登録
  • アプリのダウンロード・設定
  • パートナーセンターでの正式登録

この記事を最後まで読んだあなたが、通常のバイトとUber Eats(ウーバーイーツ)の仕事の違いを十分に理解し、今後配達パートナーとして働くべきか判断することができれば幸いです。

最短即日で登録完了!

Uber Eatsで今すぐ配達する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)