Uber Eats(ウーバーイーツ)は給料じゃない?成果報酬体系であるメリット・デメリットについて解説
・ウーバーイーツって給料じゃないの?
・どんな仕組みで報酬はもらえるの?
・成果報酬形態であることのメリットは?
・デメリットも知りたい…

もしかすると、この記事を見つけたあなたは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬形態について気になっているのではないでしょうか。

確かに、Uber Eats(ウーバーイーツ)は給料という形でお金が支払われるのではなく、成果報酬型の形態であることからも、本当に稼げる見込みがあるのか気になってしまいます。

結論から言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)は成果報酬形態であることから、自分裁量で自由に働きたい方に非常にオススメできる働き方と言えるでしょう。

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬形態の仕組みや、メリット・デメリットについて詳しく解説しています。

この記事を最後まで読めば、Uber Eats(ウーバーイーツ)では一体どんな仕組みで報酬が支払われるのか、本当に稼げる仕事なのか理解することができるでしょう。

成果報酬って給料と何が違うの?本当に稼げるの?

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

ウーバー博士

成果報酬形態には自由に働きたい全ての方の悩みを解決する働き方が可能になっておる。
この記事では、メリットだけでなくデメリットについても詳しく説明しておるので必見じゃ!

1. Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは業務委託による成果報酬型の形態

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは業務委託による成果報酬型の形態

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、アメリカの配車サービス大手、「ウーバー・テクノロジーズ」が運営する、アプリ一つで好きな料理を見つけ配達してもらえる、フードデリバリーサービスです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)ではの特徴は、単なる料理のデリバリーしてもらえるのではなく、料理を配達する側の「配達パートナー」として一般の方でも誰でも稼げる点にあります。※「Uber Eatsで働く」とは?徹底解説した記事で詳しく知る

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みを、簡単に説明すると「料理の注文者・レストラン・配達パートナーとを繋ぐアプリ」になっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はアプリ上で、提携先のレストランの料理を掲載しており、注文者から配達依頼が届くと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の運営が登録している配達パートナーに仕事を依頼するという形になっています。

つまり、配達パートナーはUber Eats(ウーバーイーツ)と業務委託契約を交わしている個人事業主に該当する立場であり、配達回数に応じて成果報酬が得られる形態となっています。

そのため、配達パートナーは「給料」という形でお金が発生するのではなく、「完全成果報酬」という形態になるのです。

先端の働き方を体験!
Uber Uber Eatsで働いてみる

 

2. Uber Eats(ウーバーイーツ)が成果報酬形態であることのメリット5選

Uber Eats(ウーバーイーツ)が成果報酬形態であることのメリット5選

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが報酬形態であることのメリットとしては、上記5点が挙げられます。

特に、個人事業主として完全歩合制働けることから、時間やノルマに縛られず自由に働ける点が魅力的です。

以下では5つのメリットについて詳しく説明します。

メリットについて詳しく知っておくことで、配達パートナーが一体どんな働き方ができるのか理解できるでしょう。

2-1. 成果報酬型なので時間にとらわれず働ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)は成果報酬型なので時間にとらわれず働ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事では、完全成果報酬型なので配達回数という結果のみが必要なのであって、時間労働にとらわれる必要がありません。

そのため、通常のバイトや給料制の仕事のように、シフトやノルマに囚われることなく、働きたい時に自由に働くことが可となっています。

もちろん、報酬を得るためには配達回数という結果を出す必要はありますが、シフトが無いので9:00〜24:00までの時間内であれば、好きな時間に好きなだけ働くことができます。

2-2. 副業として本業と両立しやすい

Uber Eats(ウーバーイーツ)は副業として本業と両立しやすい

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、シフトが無く自由な時間に働けることからも、サラリーマンや学生、主婦など、どんな方でも副業として始めやすいというメリットがあります。

また、配達回数にはノルマがないので、「仕事の片手間に…」「大学の空きコマを利用して…」「休日のヒマな時間にでも…」など、アプリをオン/オフにするだけですぐに働けるので、本業の片手間に副業として稼ぐことも可能です。

実際、配達パートナーの多くが副業として始めていることからも、報酬形態であることが非常に融通の効く働き方となっていることが伺えます。

2-3. 成果報酬なので力量次第で高報酬が稼げる

Uber Eats(ウーバーイーツ)は成果報酬なので力量次第で高報酬が稼げる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、完全成果報酬型であるため時給のような給料の上限が決められていません。

そのため、働き方次第では高時給を稼ぐことも可能です。

実際、Uber Eats(ウーバーイーツ)での収入の目安は時給換算で1,200円前後が平均と言われていることからも、配達のコツを掴むことができれば短時間でも高報酬が稼げます。

話題の「UberEats」6ヵ月で200万円稼いでわかったことによると、6ヶ月間、毎日6~12時間を休みは6日のみで走り続けて、半年で200万の売上だったそうです。

したがって、本気で1年取り組み続ければ、そこそこ新卒サラリーマンくらいには売上をあげれるポテンシャルにも期待できるでしょう。

2-4. 他人にとやかく言われる必要がない

Uber Eats(ウーバーイーツ)は他人にとやかく言われる必要がない

事実、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は業務委託契約による個人事業主(フリーランス)としての働き方となるので、人間関係に悩まされることなく働けるというメリットがあります。

もちろん高報酬を得るためには、自分自身で配達回数をより多く行う必要はありますが、他の副業に比べ自転車や原付さえ持っていれば、誰でも働ける点から最も始めやすい副業とも言われています。

もちろん、自転車や原付を持っていない方でも、Uber Eats(ウーバーイーツ)では、自転車のレンタルをしたい場合には、ドコモシェアバイクCOGICOGI

バイクのレンタルを行いたい場合には、帝都産業(TEITO)などを利用することで、Uber特別プランで月額4,000〜16,000円で定額で借りることができるのでオススメです。

男性だけでなく、女性の私でも配達パートナーはオススメできるの?

配達パートナー志望系女子

イーツ博士

結論から言うと、お勧めできる。体力さえあれば、嫌な人間関係から解放して生きれるぞ

2-5. ゲーム感覚で楽しく働ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)はゲーム感覚で楽しく働ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、自分の力量次第でゲーム感覚で働ける点が魅力的です。

実際、Uber Eats(ウーバーイーツ)には、配達回数に応じて追加報酬が入る「クエスト」や、働く時間帯によって保有倍率が上がる「ブースト」などより多く稼げる仕組みもあるので、モチベーションを高く働くことができます。

また、ネットやテレビで話題が出ると、実際に自分も関われている感覚がある事などやりがいを感じられる一面もあります。

現役配達パートナー

上記記事では現役配達パートナーの私が実践している配達のコツも伝授しています!
シフト無しで自由に働く!
Uber Uber Eatsで今すぐ配達する

 

3. Uber Eats(ウーバーイーツ)が成果報酬形態であることのデメリット4選

Uber Eats(ウーバーイーツ)が成果報酬形態であることのデメリット4選

一方で、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが報酬形態であることのデメリットとしては、上記4点が挙げられます。

特に、成果報酬制では時給に比べ最低賃金が保証されていないことや、個人事業主として自身で責任を負わなければならない場合もあります。

そのため、配達パートナーの仕事を始めたい方はデメリットに関しても十分理解しておく必要があります。

詳しいデメリットに関して以下で説明します。

3-1. エリアや時間帯によっては依頼が少ない場合もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)はエリアや時間帯によっては依頼が少ない場合もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達の仕事は、活動するエリアや時間帯によって依頼が少ない場合もあります。

特にUber Eats(ウーバーイーツ)では12時前後のランチタイムや、18時前後のディナータイムに配達依頼が増えるため、報酬もより多く稼げる見込みがありますが、早朝や深夜の時間帯では比較的案件数も少なくなっていまいます。

もちろん、東京や大阪などUber Eats(ウーバーイーツ)の普及が進んでいるエリアでは、案件が非常に多いので稼げない見込みはありませんが、新たにサービスが開始されたエリアや普及が進んでいない場所では、案件数も比較的少なくなってしまいます。

3-2. 成果報酬制となっているため最低賃金が保証されていない

Uber Eats(ウーバーイーツ)は成果報酬制となっているため最低賃金が保証されていない

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは成果報酬制となっています。そのため時給や固定給の仕事に比べると最低賃金の保証がされていません。

特にUber Eats(ウーバーイーツ)では配達回数に応じて報酬が発生するため、効率が悪ければ報酬が最低賃金以下となってしまう可能性もあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は一件あたり大体600〜700円なので、少なくとも1時間に2件以上の配達を行うことが好ましいとされています。

しかし、うまく配達ができれば時給換算で1500円以上稼げる見込みもあるので、報酬アップのためには効率よく配達を進めるコツをつかむ必要があるでしょう。

3-3. 事故を起こした場合に保険の適用外となることもある

Uber Eats(ウーバーイーツ)は事故を起こした場合に保険の適用外となることもある

Uber Eats(ウーバーイーツ)では自転車保険がかかっていますが、「料理の配達中のみ」対人・対物賠償保険の適用される仕組みになっています。

そのため、料理の受け取り時や帰宅時など「料理を配達していない業務の時間」に関しては保険適用外です。

実際に交通事故に遭われた方も、医療費負担や休業補償が何もなかったと語っています。

特に自転車で配達を行う方は、万が一の場合に備え、ヘルメットの着用をすることなど安全に配慮することが好ましいでしょう。

3-4. 個人事業主として納税が必要な場合がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)は個人事業主として納税が必要な場合がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事は、個人事業主に値するので報酬額によっては確定申告をする必要性も出てきます。

会社勤めの方や複数のバイトを掛け持ちしている方の場合、Uber Eats(ウーバーイーツ)での年収が20万円以下で、会社側が年末調整を行ってくれる場合のみUber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告は不要となります。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事を専業としている場合(バイトなど)は年間38万円以内であれば確定申告の必要はありません。

収入とは、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼いだ金額から必要経費(ガソリン代など)を差し引いた金額となります。経費がかかった場合には領収証を残しておきましょう。

先端の働き方を体験!
Uber Uber Eatsで働いてみる

まとめ|Uber Eats(ウーバーイーツ)は自分の裁量で自由に働きたい方におすすめ!

Uber Eats(ウーバーイーツ)は自分の裁量で自由に働きたい方におすすめ

配達パートナーの仕事は、運営のUber Eats(ウーバーイーツ)と業務委託契約を交わしている個人事業主に該当する立場であり、配達回数に応じて成果報酬が得られる形態となっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事は、業務委託契約による成果報酬型の働き方であるため、給料とは違ったメリット、デメリットが存在します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が成果報酬形態であることのメリットとしては、以下5点が挙げられます。

特に、個人事業主として完全歩合制働けることから、時間やノルマに縛られず自由に働ける点が魅力的です。

そのため、自分の裁量で働きたい方や、副業として時間を有効活用して稼ぎたい方におすすめできます。

 

一方で、成果報酬形態であることのデメリットとなる部分が以下4点。

配達パートナーの仕事は個人事業主という扱いになるため、時給に比べ最低賃金が保証されていないことや、納税や保険など自身で責任を負わなければならない場合もあります。

 

この記事を踏まえ、以下に当てはまる人は成果報酬形の配達パートナーの仕事に向いていると言えるでしょう。

  1. 時間を自由に使って働きたい方
  2. 隙間時間など本業の片手間に副業として稼ぎたい方
  3. 自分の裁量・努力次第で多く稼ぎたい方
  4. 仕事で人間関係のストレスから解放されたい方
  5. ゲーム感覚で楽しく働きたい方

この記事を最後まで読んだあなたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬形態について仕組みやメリット・デメリットを十分に理解し、自身の働き方に向いているかどうか判断することができれば幸いです。

シフト無しで自由に働く!
Uber Uber Eatsで今すぐ配達する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です