Uber Eats(ウーバーイーツ)稼げない?その噂を一刀両断!稼げる根拠・稼げない理由や対処法についても詳しく解説!
・Uber Eats(ウーバーイーツ)って本当に稼げるの?
・稼げないと言う噂を聞いたんだけど…
・より多く稼ぐためにはどうしたらいいの?

もしかすると、この記事を見つけたあなたは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事が本当に稼げるのか気になっているのではないでしょうか。

確かに、ネット上ではUber Eats(ウーバーイーツ)は稼げないという噂も目にしますが、その根拠については実際に記述されている記事は多くありません。

結論から言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)は努力次第で通常のバイト以上に稼げる見込みがあります。

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)は本当に稼げるのか。そして、稼げない理由としては何が考えられるのか詳しく解説しています。

この記事を最後まで読めば、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが本当に稼げるのか、より多く稼ぐためにはどのような働き方をすべきか、理解できるでしょう。

「稼げない」との噂を聞いたんだけど、その根拠は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

ウーバー博士

心配無用じゃ。Uber Eats(ウーバーイーツ)は十分稼げる見込みがあるぞ!
ただ、稼げないと言われる理由も一理ある。
この記事では対処法も説明しておるので必ず理解しておいて欲しいのじゃ。
先端の働き方を体験!
Uber Eatsで働いてみる

 

1. Uber Eats(ウーバーイーツ)が稼げる副業とされる4つの理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)が稼げる副業とされる4つの理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)が稼げないと言う噂もありますが、稼げる理由として上記4つの根拠があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では特に、努力次第で報酬アップが期待できる点においてコツさえ押さえることができれば、稼げる見込みがあります。

以下では、Uber Eats(ウーバーイーツ)が稼げる根拠について詳しく説明します。

配達パートナーの仕事に興味をお持ちの方は理解しておくと良いでしょう。

2-1. デリバリー市場の需要が高まっている

Uber Eats(ウーバーイーツ)はデリバリー市場の需要が高まっているので稼げる見込みも高い

Uber Eats(ウーバーイーツ)が稼げる見込みがある理由として、現在フードデリバリー市場の需要が高まっている側面があります。

特に、Uber Eats(ウーバーイーツ)では、2019年現在世界100都市以上に普及しており、アプリ一つでフードデリバリーが行える簡単さや、テレビやメディアでの露出が多いことから認知度も高いサービスとなっています。

実際、日本でもサービス開始からわずか1年足らずで登録ユーザー数が5000人以上も記録したことで注目されています。登録レストラン数も4500以上という数からも、普及状況の広さも伺えます。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)では一般の方でも誰でも配達パートナーとして稼げることから、副業サービスとしても人気となっており、配達パートナーは全国で1万5千人以上活動しているともされています。※「Uber Eatsで働く」とは?徹底解説した記事で詳しく知る

このように、近年の需要やトレンドの側面から、Uber Eats(ウーバーイーツ)はこれからさらに普及していく可能性も高く、配達パートナーの需要も増えていくことが予想できます。

2-2. ブーストやインセンティブなど報酬アップが期待できるイベントがある

Uber Eats(ウーバーイーツ)はブーストやインセンティブなど報酬アップが期待できるイベントがあるので稼げる見込みも高い

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、通常の報酬額に比べ「ブースト」や「インセンティブ」と呼ばれる報酬がアップする仕組みがあります。

ブーストとは、配達依頼の多い時間帯や需要の高いエリアに応じて報酬が上がる仕組みです。

特に、12時前後のランチタイムや、18時前後のディナータイムには需要が上がり配達依頼も多くなることから、大きければ2倍ほどの報酬が割増となります。

一方インセンティブとは、配達パートナーとしての基本収入やブーストとは別に、「クエスト」や「プロモーション」として表示されるイベントのことを指します。

例えば、雨の日には配達パートナーとして活動する人も少なくなり、インセンティブが発生することがよくあり、基本報酬+αのお金を稼ぐことも可能になります。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)では、通常のバイトと違い報酬アップにつながる仕組みが多く備わっているため、ゲーム感覚で働くこともできます。

2-3. 成果報酬なので時給のように上限がない

Uber Eats(ウーバーイーツ)は成果報酬なので時給のように上限がないため多く稼げる見込みも高い

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、完全成果報酬型であるため時給のような給料の上限が決められていません。

そのため、働き方次第では高時給を稼ぐことも可能です。

実際、Uber Eats(ウーバーイーツ)での収入の目安は時給換算で1,200円前後が平均と言われていることからも、配達のコツを掴むことができれば短時間でも高報酬が稼げます。

話題の「UberEats」6ヵ月で200万円稼いでわかったことによると、6ヶ月間、毎日6~12時間を休みは6日のみで走り続けて、半年で200万の売上だったそうです。

したがって、本気で1年取り組み続ければ、そこそこ新卒サラリーマンくらいには売上をあげれるポテンシャルにも期待できるでしょう。

2-4. 副業として+αの収入が得やすい

Uber Eats(ウーバーイーツ)は副業として+αの収入が得やすい

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、シフトが無く自由な時間に働けることからも、サラリーマンや学生、主婦など、どんな方でも副業として始めやすいというメリットがあります。

また、配達回数にはノルマがないので、「仕事の片手間に…」「大学の空きコマを利用して…」「休日のヒマな時間にでも…」など、アプリをオン/オフにするだけですぐに働けるので、本業の片手間に副業として稼ぐことも可能です。

そのため、配達パートナーの仕事は、副収入として稼ぐことが好ましいとされており、実際に月に数万〜数十万円の+αの収入が得られるでしょう。

先端の働き方を体験!
Uber Eatsで働いてみる

 

2. Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げないとされる4つの理由・対処法

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げないとされる理由・対処法

一方で、Uber Eats(ウーバーイーツ)が稼げないという意見も一理あり、上記4点において稼げない理由も懸念されます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では完全成果報酬という形態であることからも、効率よく配達できないことには最低時給以下になってしまう可能性もあります。

以下では、Uber Eats(ウーバーイーツ)が稼げないとされる理由やその対処法について詳しく説明します。

2-1. 成果報酬形態なので最低収入が保証されていない

Uber Eats(ウーバーイーツ)は成果報酬形態なので最低収入が保証されていない

Uber Eats(ウーバーイーツ)での報酬が全て歩合制となるため、バイトのように時給や最低賃金が設定されていません。

そのため、配達の効率が悪ければ報酬が最低賃金以下となってしまう可能性もあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は一件あたり大体600〜700円なので、少なくとも1時間に2件以上の配達を行うことが好ましいとされています。

しかし、うまく配達ができれば時給換算で1500円以上稼げることもあるので、効率よく配達を進めるコツをつかむ必要があるでしょう。

2-2. 活動エリアや時間帯によって稼ぎが少なくなる場合がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)は活動エリアや時間帯によって稼ぎが少なくなる場合がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達の仕事は、活動するエリアや時間帯によって依頼が少ない場合もあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)現在、全国15都市で利用可能となっていますが、普及状況や加盟店舗数、人口数などの側面から注文依頼数も違いがあります。

特に東京23区や大阪など、大きな都市では需要が高いですが、普及したばかりの芦屋市・西宮市・戸田市・蕨市などのエリアは、見込み収益も変わる可能性があります。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)では12時前後のランチタイムや、18時前後のディナータイムに配達依頼が増えるため、報酬もより多く稼げる見込みがありますが、早朝や深夜の時間帯では比較的案件数も少なくなっています。

そのため、仮にUber Eats(ウーバーイーツ)で案件数が少ないと感じて場合には、活動エリアや時間帯を考慮してみると良いでしょう。

2-3. 活動時期によっては天候に左右されることもある

Uber Eats(ウーバーイーツ)は活動時期によっては天候に左右されることもある

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、雨や風、夏の日差しなど天候に左右される一面もあります。

特に梅雨の時期や夏の暑い日、雪の日など、気をつけて配達しないと怪我や事故、熱中症になる可能性もあるでしょう。

しかし、天候が悪い場合には活動する配達パートナーの方も減るため、インセンティブやクエストなど、報酬が上がるイベントが発生しやすいというメリットがあり、あえて天候が悪い状況を狙って活動する方も多くいます。

また、女性の場合日中は日焼けをしてしまうデメリットがありますが、日中ではなくディナータイムなど夕方〜夜間の時間に活動することで日焼けを防ぐこともできます。

そのため、特に日差しが強い日には夜に活動する雨の日にはインセンティブ狙いで思い切って短時間で活動してみることも良いでしょう。

2-4. 効率よく配達するコツを理解していない

Uber Eats(ウーバーイーツ)は効率よく配達するコツを理解していないと報酬が低くなる

Uber Eats(ウーバーイーツ)では完全成果報酬であることからも、効率よく配達を行うコツを理解していないと、最低時給よりも低い収入になってしまう可能性もあります。

例えば、

  • 配達の際には自転車でなく原付を利用する
  • 配達依頼の多い時間帯に集中して活動する
  • 最短距離で効率よく配達するために土地勘を覚える

など、報酬アップのためには工夫も必要になります。

以下の記事では、報酬アップに必要な効率よく配達するコツについて解説しているので、参考にしていただけると幸いです。

現役配達パートナー

上記記事では現役配達パートナーの私が実践している配達のコツも伝授しています!
シフト無しで自由に働く!
Uber Eatsで今すぐ配達する

 

まとめ|Uber Eats(ウーバーイーツ)でより多く稼ぐためにはコツを覚えることが重要!

Uber Eats(ウーバーイーツ)でより多く稼ぐためにはコツを覚えることが重要!

フードデリバリーサービスの需要が伸びつつある現代。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は単なるフードデリバリーだけでなく、配達パートナーとして働ける点にも魅力があります。

しかし、配達パートナーの仕事は稼げないと言う意見もネット上では見られますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げるサービスである根拠もあります。

そのため、この記事では稼げる根拠や、稼げない理由や対処法についてもまとめました。

まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)が稼げる根拠としては上記4点があります。

特に、近年の需要の高まりや、成果報酬携帯によりコツを掴めば多く稼げる点が根拠としてあり、実際に高報酬を手に入れている方も多くいます。

一方で、「稼げない」とされる理由としては上記4点が挙げられます。

特に、Uber Eats(ウーバーイーツ)では成果報酬携帯であることからも、コツを掴めないと稼ぎも多くなりません

そのため、結論としては効率よく配達するコツさえつかむことができれば、通常のバイトの時給以上に稼げる見込みも大きいでしょう。

この記事を最後まで読んだあなたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げないという噂の理由・対処法を十分に理解し、配達パートナーとして稼げる働き方をすることができれば幸いです。

シフト無しで自由に働く!
Uber Eatsで今すぐ配達する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です