Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット・デメリット・仕事の流れ
・Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業ってどうなの?
・どんなメリットやデメリットがあるの?
・仕事内容はどうなの?
・配達パートナーの評判は?

テレビや雑誌、ネット上でも注目されているUber Eats(ウーバーイーツ)。

最近「Uber Eats」と書かれたリュックを背負った配達パートナーの方達を街中で見かけませんか?

それもそのはず。Uber Eats(ウーバーイーツ)では一般の方でも誰でも配達パートナーとして稼げることから、副業サービスとして今人気が高まっているからです。

もしかすると、この記事を読んでいるあなたもUber Eats(ウーバーイーツ)に興味をお持ちなのではないでしょうか。

この記事では、Uber Eatsについて新しく知りたい方、もしくは配達パートナーとして働いてみたいと思っている方に、

ウーバーイーツの「仕組み・メリット・デメリット・仕事内容・評判」を詳しく説明しています。

この記事を最後まで読めば、Uber Eatsについて完全に理解することができ、また、配達パートナーとして副業を始めるべきかどうかも判断することができるでしょう。

ウーバーイーツって何なの?

Uber Eats初心者

イーツ博士

サービスを理解するためには、いちど自分で注文してみるのが一番早いぞ。当サイトの限定クーポンを使えば今なら1,000円割引きで注文できる

Uber Eats(ウーバーイーツ)は利用者の満足度が高い良質なサービスです

当サイト経由でお得に体験!

アプリをゲット(注文する)

初回1,000円OFF!

当サイト限定コード:

ins6j544

コピーしました

イーツ博士

今なら初回1,000円OFFのクーポンを配布しておるので、初回ほぼ数百円程度でご飯を食べれるぞ!

目次

1. Uber Eats(ウーバーイーツ)とは米国発のフードデリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービス概要

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、革新的な料理のデリバリーサービスです。

アメリカの配車サービス大手、「ウーバー・テクノロジーズ」が運営しています。

ユーバーイーツ、ウーバーイートという読み方は間違いです。

Uber Eatsはアプリ一つで好きな料理が見つけることができ、デリバリーまで行えます。

その便利さから、2019年現在において、世界100都市以上で普及しています。

日本でもサービス開始からわずか1年足らずで、登録配達ユーザー数5,000人以上を記録したことで注目されました。

また、4,500店以上ものレストランが登録し、チェーン店だけでなく地元で人気のお店も活用している普及状況の広さ。

さらにUber Eatsは一般の方でも誰でもスキマ時間に配達パートナーとして稼げることから、副業サービスとしても人気となっています。

1-1. Uber Eatsは「注文者・レストラン・配達パートナー」を繋ぐアプリ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みは、ユーザーとなる料理の注文者とレストランを配達パートナーで繋ぐ役割を果たしています。

Uber Eatsのアプリは4500店以上ものレストラン・店舗が登録されており、ユーザーはアプリから料理を注文。

そして、Uber Eatsに登録した配達パートナーが、ユーザーの元に料理を届けるという仕組みになっています。

配達パートナーは自転車や原付バイク(125cc以下)を使い一般の方でも配達の副業行うことができます。

サービス時間はエリアやレストランによって異なりますが基本的に9:00〜24:00となっています。

Uber Eatsの仕組みをより詳しく知りたい方へ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み・ビジネスモデルってどうなってるの?図解を用いて詳しく解説!Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み・ビジネスモデルってどうなってるの?図解を用いて詳しく解説!

1-2. Uber Eatsで配達可能エリアは全国11都市

2019年8月現在、注文できるエリアは11都市となっています。
(=Uber Eats配達パートナーとして活動できるエリア)

それぞれのエリアの普及状況により、案件数に違いはあるものの、基本的には都市の中心部であれば注文可能です。

すなわち、配達パートナーとして勤務可能となります。(詳細は各都市をクリックすればみれます)

特に、日本でのUber Eats普及は、東京都港区から広まったこともあり、東京23区では非常に需要が高まっています。

主要エリア都市を詳しく!

Uber Eats(ウーバーイーツ)が利用可能なエリアはどこ?全国の15都市を総まとめ!Uber Eats(ウーバーイーツ)が利用可能なエリアはどこ?全国の15都市を総まとめ!

注文したい方へ。使い方を知る!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文方法は簡単!4ステップで使い方をわかりやすく解説サルでも分かるUberEats(ウーバーイーツ)の使い方・注文方法【0から始める】
注文してみたい!と思った人は ↑ の記事をクリックしてみてね

Uber Eats初心者

イーツ博士

ここからはUber Eatsの配達パートナーについて解説するぞ。Uber Eatsは自由に働けて稼げると話題なのじゃ。知っておいて損はないぞ

2. Uber Eats(ウーバーイーツ)副業のメリット8選

Uber Eatsはシフト・面接・服装・髪型などの制限がなく非常に自由度が高い副業です。

変なバイトでエネルギーを消耗してるくらいなら、Uber Eatsの働き手となることを検討してみても良いでしょう。

2-1. シフトなしで自由に働ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)は自由に働ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーにはシフトがありません。

そのため、休日や隙間時間など働きたい時に自由に働くことができます。

働きたい時にUber Eatsのアプリをオンライン状態にするだけで、配達の依頼を受けることができます。

逆に、休みたい日や休憩したい時にはアプリをオフにすると仕事の依頼は止まります。

そのため、シフト制のバイトと違って自分の都合に合わせて働くことができるでしょう。

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

2-2. 服装や髪型が自由

Uber Eats(ウーバーイーツ)の服装・髪型は自由

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに服装や髪型の指定はありません

唯一あるとしたら、指定の配達バッグのみです。

通常、接客業などのバイトだと規定が厳しいですが、自由な服装でお仕事可能です。

服装指定なしで働く!

Uber Eatsで自由に配達する

2-3. 自転車や原付の貸し出しが可能

Uber Eats(ウーバーイーツ)はレンタル自転車・バイクでも始められる

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーになりたいけど自転車・原付が無い…

上記のような悩みがある方も、Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達用に自転車や原付のレンタルを行なっています。

自転車のレンタルをしたい場合には、DocomoバイクシェアCOGICOGI

バイクのレンタルを行いたい場合には、帝都産業(TEITO)などを利用することで、Uber特別プランで月額4,000〜16,000円で定額で借りることができるのでオススメです。

Docomoバイクシェアのプラン変更について

Docomoバイクシェアでは月額4000円でレンタル自転車の利用ができますが、2019年8月6日より「同じ自転車を4時間以上レンタルし続けている場合は30分ごとに100円課金」というプラン変更がなされました。

例えば、9:00〜14:00までの稼働時間内で、途中12:30に別の自転車に乗り換えた場合は、4時間続けて同じ自転車を利用していないので課金無し。

しかし、 9:00〜14:00までの稼働時間ずっと同じ自転車を使用し続けた場合、4時間以上同じ自転車を利用し続けたことになるので、1時間(200円)の課金がかかります。

そのため、4時間毎に他の自転車に乗り換えることをオススメします。

2-4. 報酬は週払い制

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料日は毎週水曜日

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は週払い制です。

1週間(月〜日曜日)に稼いだ報酬は翌週水曜日、登録した口座に自動で振込まれます。

システムで支払いされるので、直接受け取りに行くなど、面倒なことはありません。

そのため、月払いのバイトに比べ即金性が高いため、すぐにお金が欲しい方にとって嬉しいでしょう。

お金に困ってる人の救い!

Uber Eatsで今すぐ配達する

2-5. 土地勘や人気のレストランについて知ることができる

Uber Eats(ウーバーイーツ)は土地勘や人気のレストランについて知れる

Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達のために縦横無尽に街を走る必要があるため、嫌でも土地勘が身につきます。

また、料理を受け取る際にも様々なレストランに行く必要があるため、今人気の料理や美味しいレストラン、おしゃれなお店などについて知ることもできるでしょう。

2-6. 人間関係のストレスを感じることがほぼ無い

Uber Eats(ウーバーイーツ)はストレスを感じる必要がない

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では、面倒な人間関係に悩まされる必要が一切無いという大きなメリットがあります。

Uber Eatsでは、配達依頼から料理のお届けまでスマホ一つでコミュニケーションが取れるため、人間関係のトラブルが圧倒的に少ないことが魅力です。

そのため、バイト先や職場などで人間関係のストレスを感じた経験のある人は、心地よく働けるためオススメすることができるでしょう。

ストレスフリーに働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

2-7. 女性でも適度な運動ができ健康維持におすすめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)は女性でもダイエット・健康維持に役立つ

Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達という仕事柄からも、適度な運動が取れることでき健康維持につながります。

特に、自転車で配達を行う場合は適度な運動ができるため、健康意識の高い「女性」の配達パートナーもダイエットを理由に増えつつあります。

軽い運動がてらに稼ぐことができるため、デスクワークの会社員、運動不足の主婦などにもおすすめできる副業でしょう。

2-8. 最新のテクノロジーについて知れる

Uber Eats(ウーバーイーツ)で最新の働き方が体験できる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの中には、最新のテクノロジーに関心があるために始める人も多いようです。

時は新時代「令和」になり、多くの古い仕事が消えていく中、最先端の働き方とはどういうものなのか。

どういう仕組みでUber Eatsのサービスが展開しているのか、肌を持って体感できることもメリットの一つでしょう。

最先端の働き方を体験!

Uber Eatsで今すぐ配達する

3. ここに注意!Uber Eats(ウーバーイーツ)副業のデメリット8選

一方で、Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットなるものが8点存在します。

Uber Eatsの弱点を知ることで、

今後あなたが副業として長期的に取り組んでいけるのか?
自分の状況に見合っているのか?

これらを考慮して、より納得して始めることができるでしょう。

包み隠さずお伝えします。

3-1. 長距離の配達は大変

Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達距離が長い場合もある

Uber Eatsでの配達は場合により長距離移動が必要な場合があります。

長距離配達の場合、報酬は増えるというメリットはありますが、自転車での配達の場合は体力を使ってしまうでしょう。

長距離配達が多い場合には、電動自転車や原付を使うと体力的にも効率よく稼ぐことができるのでおすすめです。

3-2. 天候に左右される

Uber Eats(ウーバーイーツ)は雨や天気に左右される

Uber Eatsの配達は天候に左右される確率も高く、雨や風の強い状況でも依頼を受けると配達を行う必要があります。

しかし、雨の日には「インセンティブクエスト」という、配達回数に応じて報酬が上がるイベントが発生しやすいので、高時給・高単価を望む方であればメリットとも言えるでしょう。

また、天候が悪くなった場合にはアプリをオフにするだけで配達依頼を止めることもできるので、稼働をやめたい場合には依頼を入れないようにしましょう。

3-3. 配達依頼が来ないと稼げない

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達時間や稼げるエリアによって違いがある

Uber Eatsでの配達の仕事は、活動するエリアや時間帯によって依頼が少ない場合もあります。

配達パートナーの仕事は、依頼を受けないと稼ぐことはできないので、状況によっては稼ぎの少ない場合もあるでしょう。

3-4. アプリの不具合が多い

Uber Eats(ウーバーイーツ)はアプリのトラブルが多い

実際に、Uber Eatsでの配達パートナーとして活動している方の悩みとして、アプリの不具合が多いというデメリットがあります。

Uber Eatsでの配達には、アプリで指定された住所に料理を届ける仕組みとなっていますが、アプリの不具合が多いことで住所にズレがよく発生するそうです。

そのため、配達先のユーザーやレストランに電話をかけて確認したりGoogleマップで検索したり、自己解決能力はつきますが、面倒に感じることは多いでしょう。

3-5. 液体類の配達には注意が必要

Uber Eats(ウーバーイーツ)はタピオカなどの液体に注意

Uber Eatsで配達する料理の中には、ジュースやラーメンなどの液体類も多くあります。

液体類は配達の際に溢れやすく慎重な配達が必要になるため、より労力がかかってしまいます。

3-6. 事故を起こしても保証の適用外となる場合がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)は保険適用外になるリスクもある

Uber Eatsでは配達中に事故に遭遇するリスクがあります。

Uber Eatsでの自転車保険は、料理の配達中のみ対人・対物賠償保険の適用されています。

しかし、料理の受け取り時や帰宅時など「配達中以外の時間」については保険適用外です。

そのため、実際に交通事故に遭われた方も、医療費負担や休業補償が何もなかったと語っています。

特に自転車で配達を行う方は、事故のリスクに備えヘルメットの着用をすることが好ましいでしょう。

3-7. ユーザー評価があるから対応に注意が必要

Uber Eats(ウーバーイーツ)には評価機能がある

Uber Eatsには、配達を依頼したユーザーから配達パートナーへの評価機能があります。

そのため、配達パートナーの方は対応力や真摯な態度が求められるでしょう。


3-8. 働き方次第では最低賃金以下のなる場合もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)は効率よく働く必要がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)では報酬が全て歩合制となるため、仕事の効率が悪ければ報酬が最低賃金以下となってしまう可能性もあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は一件あたり大体600〜700円なので、少なくとも1時間に2件以上の配達を行うことが好ましいとされています。

しかし、うまく配達ができれば時給換算で1500円以上稼げることもあるので、効率よく配達を進めるコツをつかむ必要があるでしょう。

4. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事内容

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事内容

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事内容は、大きく分けて3つの流れで行います。

  • スマホアプリに配達依頼が届く
  • レストランに料理を受け取りに行く
  • 注文者に料理を届ける

配達パートナーの仕事は依頼〜配達まで全てアプリ1つで行います。

まず、Uber Eatsのスマホアプリをオンライン状態にすると依頼が届きます。

依頼を引き受けると、料理を受け取るレストランから注文者の住所まで全ての情報がアプリから受け取ることができます。

そして、実際にレストランから料理を受け取り、依頼者に届けることができれば報酬獲得となります。

5. Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業は会社にバレる・バレない?

Uber Eats(ウーバーイーツ)は会社にバレる・バレれない?

結論から言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業が会社にバレる可能性は3つの要因が挙げられます。

  • 配達中に見かけられバレる
  • 確定申告でバレる
  • 住民税申請の際にバレる

まず始めに、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行なっている際には大きなリュックを背負う必要があります。

そのため、活動エリアが会社付近だった場合には上司や同僚に見かけらてバレてしまう能性もあります。

配達依頼者がたまたま会社の人だったと言う事例もあるため、会社にバレたくない方は活動エリアを考慮する必要があるでしょう。

もしくは、フェイスウォーマーを付けて配達すればバレません。

一番の問題は、役所で住民税の申告をする必要があること。

Uber Eatsでの副業を会社にバレないようにするためには、税金申請は自分でしっかり行うことが大切になるでしょう。

6. Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入で税金申請・確定申告が不要になる場合

Uber Eats(ウーバーイーツ)で税金申請・確定申告が必要な人

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事は、個人事業主に値するので確定申告をする必要があります。

その為、バイト代わりに配達パートナーをしている学生や、副業として働いているサラリーマンも確定申告が必要です。

しかし、会社勤めの方や複数のバイトを掛け持ちしている方の場合、

  1. Uber Eats(ウーバーイーツ)での年収が20万円以下
  2. 会社側が年末調整を行ってくれている

この2つの条件を満たしているとき、Uber Eatsでの確定申告は不要となります。

月1〜2万弱の稼ぎなら確定申告不要!

Uber Eatsで配達してみる

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事を専業としている場合(バイトなど)は年間38万円以内であれば確定申告の必要はありません。

収入とは、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼いだ金額から必要経費(ガソリン代など)を差し引いた金額となります。

経費がかかった場合には領収証を残しておきましょう。

7. Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業・配達パートナーの評判

Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業の評判

隙間時間を活用して稼げる。これ副業として最適な条件だね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

イーツ博士

土地勘や自己解決能力が身に付く仕事とも言われていますね。

時間帯によっては配達依頼が少なくなってしまう場合もあるようですね…

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

イーツ博士

料理の配達中以外は対人・対物保証の適用外だそうです…

実際に事故も発生しているようです。配達パートナーの方はヘルメットの着用など安全面に配慮しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

Uber Eatsの登録はこちら

最短即日で登録完了!

8. Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員パートナー登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業を始めるためには、まず始めに配達パートナー登録を行う必要があります。

配達パートナー登録には以下3つのステップが必要です。

  • Web登録
  • アプリのダウンロード・設定
  • パートナーセンターでの正式登録

上記3つの具体的な登録方法は以下の記事にて、画像を用いて詳しく説明しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業に興味をお持ちの方は、早めに登録を進めておくことを推奨します(

まとめ|Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業は時間に融通が効く

Uber Eats(ウーバーイーツ)は自由に働ける最新の副業

北は東京、南は福岡まで全国11都市で利用可能のUber Eats(ウーバーイーツ)。

配達パートナーとしの仕事は一般の方でも気軽に始められることで、今人気の副業となっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業のメリットは以下8つです。

  1. シフトなしで自由に働ける
  2. 服装や髪型が自由
  3. 自転車や原付の貸し出しが可能
  4. 報酬は週払い制
  5. 土地勘や人気のレストランについて知ることができる
  6. 人間関係のストレスを感じることがほぼ無い
  7. 女性にもダイエット効果があるのでおすすめ
  8. 最新のテクノロジーについて知れる
上記の中でも特に、シフトなしで自由に働ける点はUber Eats(ウーバーイーツ)を副業とする最大のメリットと言えるでしょう。

しかし、メリットだけでなくデメリットとして注意すべき点が、以下の8つあります。

  1. 長距離の配達は大変
  2. 天候に左右される
  3. 配達依頼が来ないと稼げない
  4. アプリの不具合が多い
  5. 液体類の配達には注意が必要
  6. 事故を起こしても保険適用外となる場合がある
  7. ユーザー評価があるから対応に注意が必要
  8. 働き方次第では最低賃金以下のなる場合もある

やはり、配達パートナーとしての副業は接客業でもあるので、丁寧な配達・真摯な対応が求められるでしょう。

また、自転車登録されているUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに関しては、配達中の対人・対物事故の補償がありますが配達中以外時は保険適用外となってしまうので安全管理を怠らないように心がけてください。

実際の配達パートナーとしての仕事内容は以下3つのステップとなります。

  • スマホアプリに配達依頼が届く
  • レストランに料理を受け取りに行く
  • 注文者に料理を届ける

仕事内容はシンプルで、依頼〜配達までアプリ一つで行うことができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業に興味をお持ちの方は、是非配達パートナー登録を進めましょう。

この記事を読んだあなたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業について詳しく理解でき、配達パートナーとして活動すべきか判断することができれば幸いです。

ストレスフリーの働き方を!

Uber Eatsに登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)