Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット・デメリット・仕事の流れ

Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット・デメリット・仕事の流れ

Uber Eats(ウーバーイーツ)は今おすすめの副業!メリット・デメリット・評判について徹底解説

・ウーバーイーツの副業ってどうなの?
・どんなメリットやデメリットがあるの?
・仕事内容はどうなの?
・配達パートナーの評判は?

テレビや雑誌、ネット上でも注目されているウーバーイーツ。

確かに、最近「Uber Eats」と書かれたリュックを背負った配達パートナーの方を街でもよく見かけます。

それもそのはず。ウーバーイーツでは一般の方でも誰でもフードデリバリーサービスの配達パートナーとして稼げることから、副業サービスとして今人気が高まっているからです。

もしかすると、この記事を読んでいるあなたもウーバーイーツでの副業に興味をお持ちなのではないでしょうか。

この記事では、ウーバーイーツについて新しく副業として始めたいと思っている方に、仕組み・メリット・デメリット・仕事内容・評判などを詳しく説明しています。

この記事を最後まで読めば、ウーバーイーツで配達パートナーとしての副業を始めるべきかどうか判断することができるでしょう。

好きな時間に効率よく稼げるの副業と聞いて来たのだが。

ウーバーイーツ初心者

ウーバーイーツ博士

メリットだけでなくデメリットについても、この記事では詳しく説明しています。

 

1. Uber Eats(ウーバーイーツ)とは米国発のフードデリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、アメリカの配車サービス大手、「ウーバー・テクノロジーズ」が運営する料理のデリバリーサービスです。

ウーバーイーツはアプリ一つで好きな料理が見つけることができ、デリバリーまで行えることから、現在世界100都市以上に普及しています。

日本でもサービス開始からわずか1年足らずで登録ユーザー数が5000人以上も記録したことで注目されました。

また、4500以上ものレストランが登録しており、チェーン店だけでなく地元で人気のお店も活用していることから普及状況の広さも伺えます。

また、ウーバーイーツでは一般の方でも誰でも配達パートナーとして稼げることから、副業サービスとしても人気となっています。

1-1. Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みとはユーザー・レストラン・配達パートナーとを繋ぐアプリ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み

ウーバーイーツの仕組みは、ユーザーとなる料理の注文者とレストランを配達パートナーで繋ぐ役割を果たしています。

ウーバーイーツのアプリは4500以上ものレストラン・店舗が登録されており、ユーザーはアプリから料理を注文。そして、ウーバーイーツに登録した配達パートナーがユーザーの元に料理を届けるという仕組みになっています。

配達パートナーは一般の方でも副業として働くことができ、自転車や原付バイク(125cc以下)を使い配達を行います。

サービス時間はエリアやレストランによって異なりますが基本的に9:00〜24:00となっています。

1-2. Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーになれるエリアは全国11都市

2019年3月現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動できるエリアは以下11都市となっています。

  • 東京都23区
  • 市川市
  • 船橋市
  • 横浜市
  • 川崎市
  • さいたま市
  • 名古屋市
  • 大阪市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 福岡市

上記それぞれのエリアのウーバーイーツ普及状況により、案件数に違いはありますが、それぞれの都市の中心部であれば配達パートナーとして活動可能でしょう。

特に、日本でのウーバーイーツの普及は東京都港区から広まったこともあり、東京23区では非常に需要が高まっています。

2. Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業のメリット4選

メリット

・シフトなしで自由に働ける
・服装や髪型が自由
・自転車や原付の貸し出しが可能
・給料は週払い制

ウーバーイーツでの副業のメリットは以下の4つがあります。特にウーバーイーツはシフト・面接・服装・髪型などの制限がなく非常に自由度が高い副業です。

上記ウーバーイーツでの副業に関する4つのメリットに関して、以下では詳しく説明します。

2-1. シフトなしで自由に働ける

ウーバーイーツの配達パートナーにはシフトがありません。そのため、休日や隙間時間など働きたい時に自由に働くことができます。

働きたい時にウーバーイーツのアプリをオンライン状態にするだけで、配達の依頼を受けることができます。逆に、休みたい日や休憩したい時にはアプリをオフにすると仕事の依頼は止まります。

そのため、シフト制のバイトと違って自分の都合に合わせて働くことができるでしょう。

2-2. 服装や髪型が自由

ウーバーイーツの配達パートナーには指定の配達バッグは必要ではありますが、服装や髪型の指定はありません。

しかし、配達パートナーはあくまでも接客業なので、利用者が不快に思う格好には気をつけましょう。

2-3. 自転車や原付の貸し出しが可能

ウーバーイーツで配達パートナーになりたいけど自転車・原付が無い…

上記のような悩みがある方も、ウーバーイーツでは配達用に自転車や原付のレンタルを行なっています。

利用料金はUber特別プランで月額4,000〜16,000円で定額で借りることができます。

2-4. 給料は週払い制

ウーバーイーツの配達パートナーの給料は週払い制となっており、一週間(月〜日曜日)に稼いだ給料は翌週水曜日、登録した口座に自動で振込まれます。

そのため、月払いのバイトに比べ即金性が高いため、すぐにお金が欲しい方にとって嬉しいでしょう。

 

 

3. ここに注意!Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業のデメリット7選

デメリット

・長距離の配達は大変
・天候に左右される
・配達依頼が来ないと稼げない
・アプリの不具合が多い
・液体類の配達には注意が必要
・事故を起こしても保険適用外となる場合がある
・ユーザー評価があるから対応に注意が必要

一方で、ウーバーイーツのデメリットなるものが上記の7点存在します。

上記のデメリットについて、以下では詳しく説明します。

3-1. 長距離の配達は大変

ウーバーイーツでの配達は場合により長距離移動が必要な場合があります。

長距離配達の場合、報酬は増えるというメリットはありますが、自転車での配達の場合は体力を使ってしまうでしょう。

長距離配達が多い場合には、電動自転車や原付を使うと体力的にも効率よく稼ぐことができるのでおすすめです。

3-2. 天候に左右される

ウーバーイーツの配達は天候に左右される確率も高く、雨や風の強い状況でも依頼を受けると配達を行う必要があります。

しかし、雨の日には「インセンティブクエスト」という、配達回数に応じて報酬が上がるイベントが発生しやすいので、高時給・高単価を望む方であればメリットとも言えるでしょう。

また、天候が悪くなった場合にはアプリをオフにするだけで配達依頼を止めることもできるので、稼働をやめたい場合には依頼を入れないようにしましょう。

3-3. 配達依頼が来ないと稼げない

ウーバーイーツでの配達の仕事は、活動するエリアや時間帯によって依頼が少ない場合もあります。

配達パートナーの仕事は、依頼を受けないと稼ぐことはできないので、状況によっては稼ぎの少ない場合もあるでしょう。

3-4. アプリの不具合が多い

実際に、ウーバーイーツでの配達パートナーとして活動している方の悩みとして、アプリの不具合が多いというデメリットがあります。

ウーバーイーツでの配達には、アプリで指定された住所に料理を届ける仕組みとなっていますが、アプリの不具合が多いことで住所にズレがよく発生するそうです。

そのため、配達先のユーザーやレストランに電話をかけて確認したりGoogleマップで検索したり、自己解決能力はつきますが、面倒に感じることは多いでしょう。

3-5. 液体類の配達には注意が必要

ウーバーイーツで配達する料理の中には、ジュースやラーメンなどの液体類も多くあります。

液体類は配達の際に溢れやすく慎重な配達が必要になるため、より労力がかかってしまいます。

3-6. 事故を起こしても保証の適用外となる場合がある

ウーバーイーツでは配達中に事故に遭遇するリスクがあります。

ウーバーイーツでの自転車保険は、料理の配達中のみ対人・対物賠償保険の適用されています。

しかし、料理の受け取り時や帰宅時など「配達中以外の時間」については保険適用外です。

そのため、実際に交通事故に遭われた方も、医療費負担や休業補償が何もなかったと語っています。

特に自転車で配達を行う方は、事故のリスクに備えヘルメットの着用をすることが好ましいでしょう。

3-7. ユーザー評価があるから対応に注意が必要

ウーバーイーツには、配達を依頼したユーザーから配達パートナーへの評価機能があります。

そのため、配達パートナーの方は対応力や真摯な態度が求められるでしょう。

 

4. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事内容

ウーバーイーツでの配達パートナーの仕事内容は、大きく分けて以下3つの流れで行います。

  • スマホアプリに配達依頼が届く
  • レストランに料理を受け取りに行く
  • 注文者に料理を届ける

上記、配達パートナーの仕事は依頼〜配達まで全てアプリ1つで行います。

まず、ウーバーイーツのスマホアプリをオンライン状態にすると依頼が届きます。

依頼を引き受けると、料理を受け取るレストランから注文者の住所まで全ての情報がアプリから受け取ることができます。

そして、実際にレストランから料理を受け取り、依頼者に届けることができれば報酬獲得となります。

 

5. Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業・配達パートナーの評判

隙間時間を活用して稼げる。これ副業として最適な条件だね。

ウーバーイーツ初心者

ウーバーイーツ博士

土地勘や自己解決能力が身に付く仕事とも言われていますね。

時間帯によっては配達依頼が少なくなってしまう場合もあるようですね…

ウーバーイーツ初心者

ウーバーイーツ博士

料理の配達中以外は対人・対物保証の適用外だそうです…

実際に事故も発生しているようです。配達パートナーの方はヘルメットの着用など安全面に配慮しましょう。

ウーバーイーツ初心者

 

6. Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業・配達パートナーに関するQ&A

 

配達パートナーとして副業を始めたいが、自転車や原付を持っていない場合は?

ウーバーイーツでは、自転車や原付のレンタルを行なっています。配達パートナー用に格安で借りることができるので、興味がある方はパートナーセンターへ問い合わせてみてください。(納車には数日かかる場合もあります)

 

会社にUber Eats(ウーバーイーツ)の副業はバレる?バレない?

会社員の副業としてUber Eatsの配達パートナーをしている方の中には、配達先がたまたま上司の家だったり、配達中に同僚に見られたというケースもあります。配達中にはUber Eatsの文字が大きく書かれたリュックも背負っているため、副業禁止の会社にお勤めの方はバレる確率も低くはないでしょう。

 

Uber Eatsの副業で税金申請・確定申告は必要?

サラリーマンなど、年末調整を受けている給与所得者の方が副業としてUber Eatsの配達員を行う際、Uber Eatsでの収入から(ガソリン代や自転車・バイクのレンタル代など)経費を差し引いた所得が、年間20万円以下の場合は確定申告等は不要です。(経費でかかるガソリン代や車両レンタル代の領収証は保管しておきましょう)

 

7. Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員パートナー登録方法

ウーバーイーツで副業を始めるためには、まず始めに配達パートナー登録を行う必要があります。

配達パートナー登録には以下3つのステップが必要です。

  • Web登録
  • アプリのダウンロード・設定
  • パートナーセンターでの正式登録

上記3つの具体的な登録方法は以下の記事にて、画像を用いて詳しく説明しています。

ウーバーイーツでの副業に興味をお持ちの方は、同時進行で登録を進めると便利でしょう。

まとめ|Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業は時間に融通が効く

北は東京、南は福岡まで全国11都市で利用可能のウーバーイーツ。

配達パートナーとしの仕事は一般の方でも気軽に始められることで、今人気の副業となっています。

ウーバーイーツでの副業のメリットは以下4つです。

  1. シフトなしで自由に働ける
  2. 服装や髪型が自由
  3. 自転車や原付の貸し出しが可能
  4. 給料は週払い制
上記の中でも特に、シフトなしで自由に働ける点はウーバーイーツを副業とする最大のメリットと言えるでしょう。

しかし、メリットだけでなくデメリットとして注意すべき点が、以下の7つあります。

  1. 長距離の配達は大変
  2. 天候に左右される
  3. 配達依頼が来ないと稼げない
  4. アプリの不具合が多い
  5. 液体類の配達には注意が必要
  6. 事故を起こしても保険適用外となる場合がある
  7. ユーザー評価があるから対応に注意が必要

やはり、配達パートナーとしての副業は接客業でもあるので、丁寧な配達・真摯な対応が求められるでしょう。

また、自転車登録されているウーバーイーツ配達パートナーに関しては、配達中の対人・対物事故の補償がありますが配達中以外時は保険適用外となってしまうので安全管理を怠らないように心がけてください。

実際の配達パートナーとしての仕事内容は以下3つのステップとなります。

  • スマホアプリに配達依頼が届く
  • レストランに料理を受け取りに行く
  • 注文者に料理を届ける

仕事内容はシンプルで、依頼〜配達までアプリ一つで行うことができます。

ウーバーイーツでの副業に興味をお持ちの方は、是非配達パートナー登録を進めましょう。

この記事を読んだあなたが、ウーバーイーツでの副業について詳しく理解でき、配達パートナーとして活動すべきか判断することができれば幸いです。

Uber Eatsの登録はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です