Uber Eats(ウーバーイーツ)は他の配達員バイトと比べてどう?デリバリーバイト5選を徹底比較!
・配達員バイトって高時給なの?
・今はどんなデリバリーサービスが稼げるの?
・Uber Eats(ウーバーイーツ)がおすすめって聞いたんだけど。
・それぞれの特徴を比較して知りたい…

もしかすると、この記事を見つけたあなたは、今オススメのフードデリバリーサービスUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが、配達員バイトに比べてどのような違いがあるのか気になっているのではないでしょうか?

確かに、デリバリーサービスを展開している業者は多く、今人気の高まっているUber Eats(ウーバーイーツ)がどれくらい有利に働けるのか気になってしまいます。

この記事では、今人気の配達員バイトを5選をメリット・デメリット・Uber Eats(ウーバーイーツ)に比べてどんな違いがあるのか徹底比較しました。

この記事を最後まで読めば、Uber Eats(ウーバーイーツ)が他の配達員バイトに比べてどれほど優位な点があるのか、理解できるでしょう。

他の配達員バイトに比べるとUber Eats(ウーバーイーツ)ってどうなの?

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

イーツ博士

結論から言うと、あらゆる点でUber Eats(ウーバーイーツ)での仕事は優っておるのじゃ。

1.Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは自由に働ける最先端の仕事

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは自由に働ける最先端の仕事

Uber Eats(ウーバーイーツ)は2019年7月現在、世界100都市以上で利用可能な今最も人気の高いフードデリバリーサービスです。

日本でも約4500以上ものレストランが登録しており、チェーン店だけでなく地元で人気のお店も活用していることから普及状況の広さも伺えます。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)では一般の方でも誰でも配達パートナーとして稼げることから、副業サービスとしても人気となっています。

2019年7月現在では、上記15都市で利用可能となっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)ではでは配達員のことを「配達パートナー」と呼び、一般の方でも自転車や原付バイク(125cc以下)を使って誰でも配達の副業行うことができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)には他の配達員バイトに比べ、上記6点のメリットがあります。

まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)で最も大きなメリットとなる部分が、シフトやノルマが無く休日や隙間時間など9:00〜24:00までの時間であれば、働きたい時に自由に働ける点でしょう。

働きたい時はアプリをオン、休みたい時にはアプリをオフにするだけで、いつでも簡単に働けます。

さらに、配達パートナーの仕事には服装や髪型の指定が一切ありません。そのため、制服や髪型に縛られることなくどんなファッションでも働くことができます。(※配達の際には専用のバッグは必要になります)

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は週払い制となっているため、月払いのバイトに比べ即金性が高いというメリットもあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは仕事柄、一人で配達を行うため、バイトや職場の人間関係で起こりがちなイジメ、パワハラ、セクハラなど面倒な人間関係に悩まされる必要がありません。

最後に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、自分の力量次第でゲーム感覚で働ける点もメリットといえるでしょう。

通常のバイトのように、時給に縛られないため効率よく働くことができれば、高時給も夢ではありません。そのため、非常にやりがいやモチベーションも持続できる働き方と言えるでしょう。

女性配達パートナーも街中でよくみます。ということは、女性でも働けるレベルなので、派遣労働で現場に回されるよりかは楽だと言えるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのデメリット

一方で、Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットとなる部分が上記4点あります。

まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)では、自転車や原付を持っていない方は初期費用がかかってしまいます。

配達パートナーの仕事上、自転車や原付での移動が必要になるため、配達中に事故に遭遇するリスクもあります。

そのためUber Eats(ウーバーイーツ)では自転車保険がありますが、料理の配達中のみ対人・対物賠償保険の適用となっているため「配達中以外の時間」については保険適用外となるため注意が必要になります。

特に自転車で配達を行う方は、事故のリスクに備えヘルメットの着用をすることが好ましいでしょう。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事は、依頼が来ないと稼ぐことはできないので、Uber Eats(ウーバーイーツ)の認知度が低いエリアや需要が少ない時間帯によっては、稼ぎが少なくなってしまう場合もあります。

さらに、Uber Eats(ウーバーイーツ)では報酬が全て歩合制となるため、仕事の効率が悪ければ報酬が最低賃金以下となってしまう可能性もあります。

報酬に関しては、配達一件あたり大体600〜700円なので、少なくとも1時間に2件以上の配達を行うことが好ましいとされています。

しかし、効率よく配達ができれば時給換算で1500円以上稼げる見込みもあるので、コツを掴めば時給に縛られないメリットも感じられるでしょう。

先端の働き方を体現

Uber Eatsで今すぐ配達する
現役配達パートナーが実践している効率よく働くコツを伝授!
Uber Eats(ウーバーイーツ)は辛い?働き方のコツ・時給・トラブル談を直接インタビュー!

2.出前館の配達員バイトは高時給で短時間から働ける

出前館の配達員バイトは高時給で短時間から働ける

出前館とは2000年からデリバリーサービスを展開している老舗業者です。

出前館のサイトに掲載されたメニューをネット上でオーダーすることで、料理が届く仕組みになっています。

さらに、2016年7月にはLINEと業務提携を結んだことで、スマートフォンからのオーダーも便利になりました。

出前館での配達員バイトは、自転車やバイクに乗れる方であれば未経験者でも働くことができ、1日3時間〜の短時間から働けることからも融通の効く働き方もできます。

出前館の配達員バイトのメリット

メリット

1. シフトが自己申告制となっている
2. 時給があるため収入が保証されている
3. 短時間でも働ける
4. 日払いが可能

出前館の配達員バイトのメリットは上記3点があります。

出前館での配達員バイトは通常のシフトと違い、自己申告制となっているため自分の時間に合わせて働くことができます。

しかし、働き方としては時給換算となるので大体1200円~1400円のレンジで稼ぐことができます。

どれだけ沢山働いても歩合制では無いので報酬は増えませんが、時給なので最低収入が保証されている面はメリットとも言えるでしょう。

また、出前館では週一回の勤務や、1日3時間の短時間でも働くことができるため、隙間時間や副業としても働きやすいでしょう。

さらに、出前館では給料が日払いで受け取ることもできます。そのため、お金を使いすぎた時や急遽お金が必要になった時など、稼いだ報酬をその日にすぐに受け取れることはメリットと言えるでしょう。

出前館の配達員バイトのデメリット

デメリット

1. シフト制なので勤務時間に拘束される
2. 注文者と現金での支払いが必要になる場合もある
3. 制服や髪型に規制がある
4. 勤務地によっては原付の免許が必要になる

一方で、出前館のデメリットとなる部分が上記4点あります。

出前館での配達員バイトは、短時間からの勤務が可能と言えどもシフトが組まれているので時間に拘束されることになります。

また、業務中には注文者との現金での支払いに対応する場合もあるため、面倒な手間もかかってしまいます。

出前館の仕事は、あくまでもバイトという扱いになるため、制服が必要になるため服装や髪型が制限されるというデメリットもあります。

基本的に、出前館での配達の業務は電動自転車もしくは原付になっていますが、勤務地によっては原付の免許が必須になる場合もあります。

 

出前館の配達員バイト VS Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

出前館の配達員バイトとUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事を比較した際、出前館では時給制になっているため、1200円~1400円の給料を安定して稼げるというメリットがあります。

さらに、出前館では日払いも可能になっている点に関しては、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーよりも優っていると言えるでしょう。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに劣っている点しては、シフトや服装が縛られている点や、いくら努力しても時給以上の報酬がもらえないという点。

そのため、自分の裁量で稼ぎを増やしたい方や、時間やファッションの自由を求める方にはUber Eats(ウーバーイーツ)がオススメです。

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

3.fineDine(ファインダイン)の配達員バイトは即金制が高くサポート体制も万全

fineDine(ファインダイン)の配達員バイトは即金制が高くサポート体制も万全

fineDine(ファインダイン)とは、通常デリバリーを行なっていないレストランのできたて料理が最短30分料理が届くデリバリーサービスです。

2019年7月現在では、

  • 東京23区
  • 神奈川
  • 埼玉

上記、関東の一部で利用可能なサービスとなっています。

fineDine(ファインダイン)での配達員バイトは、基本11時~22時までのシフト制となっており、電動自転車・原付での配達を行います。

fineDine(ファインダイン)の配達員バイトのメリット

メリット

1. 交通費の支給がある
2. 給与前払い制度あり
3. コントロールセンターが管理している

fineDine(ファインダイン)の配達員バイトのメリットとしては上記3点が挙げられます。

fineDine(ファインダイン)では、時給とは別に交通費が支給されます。そのため、勤務地から遠い方でも通常不利になることなく働くことができます。

また、給料は前払い制度もあるため、どの配達員バイトよりも報酬を早く受け取れるでしょう。

さらに、fineDine(ファインダイン)では配達、コントロールセンターが配達のサポートを行なっているため、万が一トラブルが起きた際にも対応してもらえます。

fineDine(ファインダイン)の配達員バイトのデメリット

デメリット

1. 時給制なのでシフトがある
2. 研修がある
3. 空き時間にポスティングの仕事がある
4. 配達料が多くなる場合もある

一方で、fineDine(ファインダイン)の配達員バイトのデメリットとなる部分が上記4点あります。

fineDine(ファインダイン)では他のバイトと同様に時給制となっているので、当然ながらシフトや研修に縛られることになります。

また、fineDine(ファインダイン)では配達の合間にポスティングをする場合があるため、デリバリーの仕事以外にも業務が増えてしまいます。

さらに、fineDine(ファインダイン)では最低注文料金が2000円に設定されているため、注文者によっては料理の注文量が多くなることも懸念されます。

fineDine(ファインダイン)の配達員バイト VS Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

fineDine(ファインダイン)の配達員バイトとUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事を比較した際、fineDine(ファインダイン)では給料の前払い制があるため、即金制が高いというメリットがあります。

さらに、コントロールセンターも配置されていることから、仕事に慣れていない方でも安心して働ける環境整備がなされています。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)では、研修やポスティング等の配達に関係無い業務が一切なく、配達パートナーとして登録した初日からガッツリ働くことができる点、煩わしさが無いでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では時給制ではなく歩合制となっていますが、努力次第で報酬が上がることや、ゲーム感覚で働ける点、他のどの配達員バイトよりもモチベーション高く働くことができます。

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

4.楽天デリバリープレミアムの配達員バイトは高時給で働ける

楽天デリバリープレミアムの配達員バイトは高時給で働ける

楽天デリバリープレミアムとは、楽天が運営する定番料理や人気のレストランなど幅広いオーダーが可能なデリバリーサービスです。

また、楽天デリバリープレミアムでは楽天ポイントがたまることからも、普段から楽天を使い慣れているユーザーに人気のサービスとなっています。

楽天デリバリープレミアムが持つ他の配達員バイトとの違いは、比較的時給が高いことです。

しかし、研修や拘束時間も比較的長い側面があるため、どちらかと言うとしっかりとしたバイトと言うイメージの働き方になってしまうでしょう。

※楽天デリバリープレミアムは現在、配達員バイトの募集を一時中止しています。

楽天デリバリープレミアムの配達員バイトのメリット

メリット

1. 交通費が支給される
2. 時給が比較的高い

楽天デリバリープレミアムの配達員バイトのメリットとしては上記3点が挙げられます

まず、楽天デリバリープレミアムは報酬以外でも日額2,000円までの交通費が支給されます。そのため、遠方から活動地にお越しの方でも不利なく始めることができます。

また、楽天デリバリープレミアムは時給が1,200円~最大1,800円と比較的高い点もメリットと言えるでしょう。そのため働いた分、確実に時給での報酬が欲しい方にとっては他のバイトよりも割高で働けます。

※楽天デリバリープレミアムは現在、配達員バイトの募集を一時中止しています。

楽天デリバリープレミアムの配達員バイトのデメリット

デメリット

1. 研修期間がある
2. 比較的拘束時間が長い
3. 勤務地が限定されている

一方で、楽天デリバリープレミアムのデメリットとなる部分が上記3点あります。

まず、楽天デリバリープレミアムでは約13〜16時間の研修期間があるため、期間内には時給が減額される可能性もあります。

さらに、他の配達員バイトに比べ、勤務時間が週2日以上、1日4時間以上と決められていることからも、拘束時間が長いと言うデメリットがあります。

そして、楽天デリバリープレミアムでは港区・渋谷区・世田谷区・品川区・新宿区・目黒区・千代田区・中央区と、東京エリアの一部分でしか活動できないため、バイトができる人も限られるでしょう。

※楽天デリバリープレミアムは現在、配達員バイトの募集を一時中止しています。

楽天デリバリープレミアムの配達員バイト VS Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

楽天デリバリープレミアムの配達員バイトとUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事を比較した際、楽天デリバリープレミアムでは比較的高時給になっているため、他のバイトに比べ安定して高い報酬が得られるというメリットがあります。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに比べ、研修期間や拘束時間の長さ、勤務地が少ないなど、正直劣っている部分が多く見受けられます。

そのため、バイトのように拘束されることなく自由に働きたい方や、副業として働きたい方にはUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを始める方が有利でしょう。

もちろんUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーでも平均1200円稼げることからも、コツを掴めば高時給を得ることもできます。

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

5.honest beeの配達員バイトは新鮮な食材・出来立て料理を配達するデリバリーサービス

honest beeの配達員バイトは新鮮な食材・出来立て料理を配達するデリバリーサービス

honest beeとは、「食・人・技術を通して、毎日の生活を手助けする」というビジョンを元にサービスを展開するオンラインコンシェルジュサービスです。

2015年7月にシンガポールでサービスが開始され、日本でも東京都、

  • 港区
  • 渋谷区
  • 目黒区
  • 千代田区
  • 品川区
  • 中央区
  • 世田谷区
  • 大田区
  • 新宿区
  • 江東区

上記地区の一部でサービスを展開しています。

honest beeでの配達員バイトは、フードデリバリーサービスUber Eats(ウーバーイーツ)と似ている部分があり、フリーランスとしての働くことができます。

※2019年7月現在、honest beeではサービスが一時中止されています。

honest beeの配達員バイトのメリット

メリット

1. 好きな時間に働ける
2. 報酬が比較的高い
3. 専用の配達バッグが必要ない場合もある
4. アルバイトや正社員としても働ける

honest beeの配達員バイトのメリットは上記4点が挙げられます。

honest beeでの配達員バイトは基本的にUber Eats(ウーバーイーツ)と似ており、完全歩合制で好きな時間に働きたい分だけ働くことができます。

さらに、一件あたりの報酬も650円〜2000円になることもあり、雨の日やロングピックにはブーストが発生するので、条件が良ければUber Eats(ウーバーイーツ)よりも単価が高くなる場合もあるというメリットもあります。

ただし、Uber Eats(ウーバーイーツ)のようにインセンティブの発生はありません。

honest beeでは配達の際に、専用の配達バッグの貸し出しを行っていますが、自前で配達できるバッグを持っていれば専用バッグが必要ありません。(honest bee専用バッグの貸し出しには6000円のデポジットが必要になります。)

また、honest beeではフリーランスとしてだけでなく、時給制度のアルバイトや正社員として雇用形態を選択できる点もメリットと言えるでしょう。

※2019年7月現在、honest beeではサービスが一時中止されています。

honest beeの配達員バイトのデメリット

デメリット

1. 初期費用がかかる
2. 保険が一切つかない

一方で、honest beeの配達員バイトのデメリットとなる部分が上記2点あります。

まず、honest beeの配達員バイトはフリーランスとして働くことになるので、Uber Eats(ウーバーイーツ)同様に自転車や原付など初期費用がかかってしまう場合があります。

さらに、Uber Eats(ウーバーイーツ)に比べ、honest beeの配達員バイトには保険が一切かかっていません。そのため万が一、事故にあった場合にも自己負担となるので注意が必要です。

※2019年7月現在、honest beeではサービスが一時中止されています。

honest beeの配達員バイト VS Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

honest beeの配達員バイトとUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事を比較した際、honest beeでは比較的高単価になる場合もあるというメリットがあります。

しかし、報酬以外の部分に関しては、勤務地が東京エリアに限られている面や、保証が一切ない部分など、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに比べ劣っている部分も多く見受けられます。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをしながら、サブとしてhonest beeの案件が来たら引き受けるという両刀使いの方も存在します。

確かに、honest beeではバッグの指定がないので、Uber Eats(ウーバーイーツ)の専用バッグでも配達できてしまいます。

しかし、honest beeでの配達員バイトでは保証が無い面に関して危険が伴うので、少しでも保証があり安全に働きたい方は、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用することをオススメします。

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

まとめ|Uber Eats(ウーバーイーツ)は他の配達員バイトに比べてもメリットが高い!

今回、配達員バイトを5選を比較してみた結論を言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)は以下の点において他の配達員バイトよりも優っていると言えるでしょう。

  1. シフト・服装など指定がなく自由に働ける
  2. 誰でも簡単に登録できる
  3. ゲーム感覚で楽しく働ける
  4. コツを掴めば高収入が得られる
  5. 人間関係のストレスが無い
  6. 普及エリアが全国15都市と広い

さらに、Uber Eats(ウーバーイーツ)は最新の副業としても人気があり、かなり自由度が高く働けるため会社員・学生・主婦など様々な方が働いています。そのため、どんなライフスタイルの方でも適応できる点も魅力的です。

2019年7月現在では、「楽天デリバリープレミアム」では配達員バイトの募集終了。「honest bee」ではサービスが一時中止されていることからも、デリバリー市場も大きく変化していく恐れがあります。

その中でもUber Eats(ウーバーイーツ)は、普及エリアの拡大が進められ、配達パートナー数も全国で1万5千人以上と増え続けていることからも、今最も勢いに乗っているデリバリーサービスと言えるでしょう。

そのため、今度の社会の動向を考慮すれば、さらに需要が高まりが期待されるUber Eats(ウーバーイーツ)を利用して働くことが、オススメできるでしょう。

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)