Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は怖い?危ないと言われる6つの理由・リアルな評判について徹底解説
・Uber Eats(ウーバーイーツ)って危ない?
・怖いとの噂を聞いたんだけど…
・配達パートナーの評判ってどうなの?
・どんな危険性があるのか詳しく知りたい…

もしかすると、この記事を見つけたあなたはUber Eats(ウーバーイーツ)が危険なのかどうか、気になっているのではないでしょうか。

結論から言うと、あなたがUber Eatsで配達を頼む場合でも、配達パートナーとして働く場合でも、

Uber Eatsの危険性は限りなく低くなっています。ほとんどの課題はUber Eatsのアプリによって、解決されているからです。(GPSで配達員の位置がわかったり、犯罪行為をするとスグ特定できる)

しかし、とは言っても「Uber Eatsで注文を頼むのは怖い」「マジで危ない!」といった意見もネット上でよく見かけます。

注文者として、自分の家が特定されるのが怖ければ、配達先を近くのコンビニにしたり、家とは別の場所で受け取れば良い話です。

これで全て解決。食べものを注文する側の人間は問題ありませんが、では配達パートナーになろうとしている方はどうでしょうか。

Uber Eatsの仕組みを使って働く側でも「危険だ!」「怪しい!」と心配している人は多くいます。

確かに、配達パートナーは仕事柄、多少の危険な面もあるからです。

しかし、とは言っても今では全国で1万5千人以上の配達パートナーが活動しています。

注意して働くことができれば、Uber Eatsは稼げる見込みの高い非常に魅力的な副業とも言えるのです。※「Uber Eatsで働く」とは?徹底解説した記事で詳しく知る

この記事では、Uber Eatsの配達パートナーの仕事が危ないと言われている理由や、ネット上での評判について詳しく説明しています。

この記事を最後まで読み、配達パートナーとして働く危険性を十分に理解でき、注意して働くことができれば、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはあなたにとって魅力的な副業となるでしょう。

配達パートナーとして働こうと思ってたんだけど、怖い・危ないという意見を聞いちゃった…

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

ウーバー博士

大丈夫じゃ。危険性について十分理解し、注意することができればきっと納得して始められるぞ!

1. Uber Eats(ウーバーイーツ)が怖い・危ないと言われる6つの理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)が怖い・危ないと言われる6つの理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)が怖い・危ないと言われる理由として、具体的に注意しておくべき点が6つあります。

あくまでも、配達パートナーの仕事は個人事業主なので、自身で安全管理をしておかないとリスクとなる部分が多くあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が怖い・危ないと言われる6つの理由について詳しく説明します。

危険性について正しく理解することで、今後あなたは納得してUber Eatsの配達パートナーを始めることができるでしょう。

1-1. 配達中に事故に遭う危険性もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達中に事故に遭う危険性もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)では仕事柄、自転車や原付で移動する必要があるので事故に遭うリスクもあると言えます。

特に交通量や人混みが多いエリアでは接触事故が発生する確率も高く、実際に事故に遭ってしまった配達パートナーの方もいます。

そのため、特に自転車で配達を行う方は、ヘルメットの着用、安全運転、歩行者にも気をつけることを心がけましょう。

1-2. 配達を急ぐあまり交通ルールを無視する人もいる

Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達を急ぐあまり交通ルールを無視する人もいる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、成果報酬形態になっています。

時給や最低賃金が設定されておらず、配達回数に応じて報酬が発生する歩合制のため、効率よく配達を行うことが報酬アップのコツになります。

しかし、配達パートナーの中には早く配達を終わらせようと思いからも、信号無視、スピード違反、スマホを見ながら運転など、危険運転をしている人も少なくありません。

実際、ネット上の評判では危険運転により配達パートナーの原付と接触しそうになった。

猛スピードで歩道を走る自転車の配達パートナーを見かけた。など、危険を感じている方もいます。

被害者だけでなく加害者になってしまう場合もあるため、自分自身だけでなく、周りの人の安全のためにも、注意して配達しましょう。

1-3. 保険が適用されない場合もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)では保険が適用されない場合もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達パートナーの方に対人賠償・対物賠償保険がかかっています。

しかし、保険は「配達リクエストを受けた時点から配達が完了するまでの間」となっているため、帰宅時や移動時など「配達依頼を受けていない時間」については適用外となっています。

実際、事故に遭ってしまった配達パートナーの中には、保険がおりなかったという声もあるため、なるべく事故を起こさないためにも身の回りに注意して配達を行いましょう。

1-4. 天候に左右される

Uber Eats(ウーバーイーツ)では天候に左右される

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事の大半は外で活動することからも、天候に左右されやすい側面があります。

特に、雨や雪の日など地面が滑ることもあるため、運転には十分注意する必要があります。実際に、雨の日の配達でスリップし怪我した方や、事故に遭ってしまった方もいます。

もちろん、天気が悪い場合にはインセンティブが発生しやすいというメリットはありますが、その分、事故や怪我を起こさないためにも安全運転を心がけましょう。

1-5. 一人での配達に不安を感じる場合もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)では一人での配達に不安を感じる場合もある

特に女性など、一人で注文者の自宅まで配達を行うことに危険を感じている人もいます。確かに、夜道や注文者によっては怖いと感じることもあるかもしれません。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、顔写真も注文者にわかるようになっていることも、不安に感じる方もいます。

そのため、危険を感じる場合には日中の明るい時間帯に活動する。防犯グッズを携帯しておくなど、対策をしておくとより安全でしょう。

1-6. 自身で税金申請を行わないと脱税になる場合もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)では自身で税金申請を行わないと脱税になる場合もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事は、個人事業主に値するので確定申告をする必要があります。

その為、バイト代わりに配達パートナーをしている学生や、副業として働いているサラリーマンも確定申告が必要です。

しかし、会社勤めの方や複数のバイトを掛け持ちしている方の場合、Uber Eats(ウーバーイーツ)での年収が20万円以下で、会社側が年末調整を行ってくれる場合のみUber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告は不要となります。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーの仕事を専業としている場合(バイトなど)は年間38万円以内であれば確定申告の必要はありません。

収入とは、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼いだ金額から必要経費(ガソリン代など)を差し引いた金額となります。経費がかかった場合には領収証を残しておきましょう。

万が一、税金申告が必要がな場合に該当するのにも関わらず申告しなかった場合、「脱税」に問われる可能性も高いので注意しましょう。

最先端の働き方を実現!

Uber Eatsに今すぐ登録

 

2. 実際にUber Eats(ウーバーイーツ)で怖い・危ないと感じたネット上の意見

実際にUber Eats(ウーバーイーツ)で怖い・危ないと感じたネット上の意見

確かに、Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げる副業。しかし、事故を起こしてしまえば全てが終わることもありえます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

 


ウーバー博士

雨の日はインセンティブが発生しやすい。しかし、報酬だけにかられて安全運転を怠れば大怪我をしてしまうこともあるぞ。

 


実際、交通違反をしている配達パートナーの話もよく聞きますね…。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

ウーバー博士

Uber Eatsでの死亡リスクを軽視しておる。ニュースになってからじゃ遅いぞ。絶対に安全運転。気をつけよう


ウーバー博士

保険はあっても、適用不可能になるケースもあるそうなので注意が必要じゃ!そもそも保険のお世話にならないくらい、安全運転を心がけるのが一番だぞ

 


スマホスタンドは必須アイテム。自転車でも加害者になる場合があるので気をつけて!

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

 


ウーバー博士

事実、配達パートナーは個人事業主という立場なので、自己責任だぞ…くれぐれも気をつけるのじゃ

気をつけて運転できる人には最適!

Uber Eatsに今すぐ登録

3. 注意して働けばUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは稼げる副業

注意して働けばUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは稼げる副業

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は仕事柄、「怖い」「危ない」と言われる多少あります。

しかし、交通ルールや身の回りに少し注意するだけで、稼げる最新副業として活用できることは間違いありません。

なぜなら、近年フードデリバリー市場の需要が高まっており、テレビやネット上でUber Eats(ウーバーイーツ)の認知度も非常に高いことから、ニーズが高まっています。

したがって、今後も配達パートナーとして稼げる見込みも期待できます。

事実、2016年に東京で利用開始となったUber Eats(ウーバーイーツ)は、2019年7月現在では全国15都市で利用できるほど普及が進んでおり、エリア拡大の背景からもさらなる配達パートナーの必要性も上がります。※Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用可能エリアについて確認する。

現在でも、配達パートナーの報酬額は時給換算で平均1200円ほどと言われており、条件によっては時給2000円以上、日給20000円以上稼げている人もいることから、通常のバイトと比較しても十分稼げる見込みがあることがわかります。

さらに、今後のエリア拡大、普及率上昇、認知度上昇、により案件数が増えれば、今以上に稼げる見込みもあると考えられます。

そのため、今Uber Eats(ウーバーイーツ)を初めておけば、今後あなたの第二の収入源としてより良い手段となることは間違いないでしょう。

自由に働いてみよう!

Uber Eatsに今すぐ登録

まとめ|Uber Eats(ウーバーイーツ)の怖い・危ない部分をもう一度チェック!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の怖い・危ない部分をもう一度チェック!

ノルマ・シフト・服装・髪型全てに規制が無く、自由に働くことができることで人気のUber Eats(ウーバーイーツ)。

実際、サラリーマンや学生、主婦など、様々な方が副業として始めています。

しかし、ネット上では「Uber Eats(ウーバーイーツ)は怖い・危ない」という意見があることからも、配達パートナーの仕事には多少の危険性もあります。

具体的な理由としては以下6点。

あくまでも、配達パートナーの仕事は個人事業主なので、自身で安全管理をしておかないとリスクとなる部分が多くあります。

しかし、配達パートナーの仕事の弱点をしっかり理解し、注意しながら働くことができればUber Eats(ウーバーイーツ)は高報酬を稼げる見込みのある魅力的な副業とも言えます。

この記事を最後まで読んだあなたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事の危険性を十分に理解し、注意しながら働くことができれば幸いです。

気をつけて運転できる人には最適!

Uber Eatsに今すぐ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)