Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達パートナーは痩せられる?理由・評判・注意点について詳しく解説!
・配達パートナーの仕事って痩せると聞いたんだけど…
・運動しながらも稼げるって本当?
・自転車での配達ってダイエット効果あり?
・実際に自転車で配達している人の評判はどうなの?

もしかすると、この記事を見つけたあなたは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は本当に痩せられるのかどうか気になっているのではないでしょうか。

結論から言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)は自転車で配達を行えば適度な運動が取れることは間違い無いでしょう。

実際、ネット上では配達パートナーとして活動してから「一週間で2キロ痩せた」などの意見がある通り、ダイエットの一環として取り組むことも可能と言えます。

最近ではお金を払いジムに通う方も多いと思われますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)ではお金を稼ぎながらも運動ができる一石二鳥な点が大きなメリットです。

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達パートナーについて、ダイエットの一環として始められる理由や実際の評判、活動する際に注意してほしいことについて詳しく説明しています。

この記事を最後まで読めば、ダイエットの一環としてUber Eats(ウーバーイーツ)を始めようか考えているあなたも、痩せられる見込みがあるかどうか理解できるでしょう。

ダイエットの一環として始めようと思っているんだけど本当に痩せられるの?

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

ウーバー博士

健康な生活を送りたい、理想的な体にシェイプアップしたい、綺麗になってあの人を振り向かせたい。そんな希望のある方にオススメじゃ!

1. Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達パートナーが痩せるかもと言われる3つの理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達パートナーが痩せられる3つの理由

自転車の配達パートナーがダイエットの一環として取り組める理由としては、上記3点があります。

自転車での配達は有酸素運動であることや、筋肉量の多い下半身を使うことからも、消費カロリーが多く代謝も上がりやすとされています。

以下では、健康を意識する方に自転車での配達がオススメな理由について詳しく説明します。

本当に配達パートナーとして活動するだけでる健康維持に繋がるのか疑っている人も、具体的な根拠を見つけることができるでしょう。

1-1. 配達距離が長ければ8〜10キロ移動することもある

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、配達距離が長い場合には8〜10キロ近くも移動する

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、配達距離が長い場合には8〜10キロ近くも移動することがあることからも、自転車での配達は確実に体力を使います。

さらに、1日活動すると総移動距離が20〜50キロになることもあるため、長時間エアロバイクに乗った時と同じくらいの運動ができます。

実際、体重60キロの人間が自転車の時速16キロで30分間配達を行なった場合、消費カロリーは約126kcal。半ライス、8枚切り食パン2分の3枚、程度のカロリーを消費していることになります。

自転車で一日(6時間)配達を行えば単純計算で約1500kcalの消費をすることができます。また、成人男性であれば約1,500kcalの基礎代謝があるので、単純計算で1日で3000kcalの消費。(※活動状況や年齢、体格などによる誤差はあります。)

男性の1日の平均摂取カロリーが2500kcal前後と言われていので、摂取カロリーよりも消費カロリーが高くなるように配達に取り組めば、より痩せたいという願望を叶えられるかもしれません。

もちろん、1日6時間以上配達を行わなくても、食事制限など摂取カロリーを減らすことで短時間の配達でもダイエットとして取り組むことができるでしょう。

1-2. 筋力トレーニングになる

Uber East(ウーバーイーツ)の自転車での配達は筋力トレーニングになる

特に配達パートナー初心者の場合は、自転車での配達で必ずと言ってもいいほど筋肉痛になります。

人間の体は下半身に筋肉が多い構造になっているため、筋肉量の多い部分を使うことで消費カロリーも多くなります。そのため、足の筋肉を使うことは筋トレの中でも脂肪燃焼効果の高い活動になります。

また、自転車は有酸素運動に該当するため、大きな負荷をかける筋トレに比べ、体脂肪を減らす効果にも期待できます。

もちろん、配達に慣れてくれば次第に筋肉痛も起こりにくくなりますが、足の筋肉量が増えることで代謝が上がります。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達を行えば行うほど、痩せやすい体づくりをすることにつながります。

1-3. 誰でも気軽に始められる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は誰でも気軽に始められる

特に女性にとっては、「ダイエットをしようと思ってもジムに通うことが恥ずかしい」、「お金を払っても続けられるかわからない」と言う悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

そして、運動をする機会が得られずにいつまでたっても痩せられないという状況に陥ることもあるでしょう。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)では逆にお金を稼ぎながらも運動ができる、他人と関わることもほとんどないため、人目を気にせず適度な運動ができます。

わざわざ、お金を払うことや人目を気にするリスクが無く、誰でも簡単に登録して働ける点、取り組むまでのハードルが低く運動を行う習慣がつけられるでしょう。

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

2. Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達で痩せた体験談Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達で痩せることに関する評判

一週間で2キロ落とせたのは、かなり頑張ったのではないでしょうか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

 

ウーバー博士

日々続けることでダイエットとしてだけでなく、健康維持にもつながるのじゃ!

 


確かに食事管理を行なって摂取カロリーを減らせば、さらなる効果も期待できますね!

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

 


ウーバー博士

お金をもらってさらに健康も気遣える。まさに一石二鳥の仕事じゃな!

 


楽しく続けられるからこそ、継続的に運動ができますね!

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

 


ウーバー博士

筋肉痛になればなるほど効果も実感していただけるじゃろう。

3. Uber Eats(ウーバーイーツ)で自転車で配達する際の注意点

Uber Eats(ウーバーイーツ)で自転車で配達する際の注意点

Uber Eats(ウーバーイーツ)で適度な運動が取れることは間違いないですが、自転車での配達で注意しておくべきことが上記3点あります。

特に配達に熱中していると、怪我や熱中症などに遭うリスクもあります。

以下では自転車の配達で注意すべき気ことについて詳しく説明します。

どのようなリスクがあるのか、対処法についても詳しく理解しておくとトラブルを未然に防げるでしょう。

3-1. 怪我や事故に気をつける

Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車での配達は怪我や事故に気をつけるべき

Uber Eats(ウーバーイーツ)での自転車の配達はダイエットの一環として取り組める一面もありますが、無理に動きすぎて膝を壊す場合や疲労により日常生活や本業に支障が出る場合もあります。

特に、長時間配達を行う方は、下半身を酷使することからも筋肉痛になる可能性は高くあります。

多少の筋肉痛なら問題ありませんが、無理な運動をし続けると関節を痛めてしまう場合や、筋肉痛が原因で自転車の運転に支障が出る場合もあります。

無理に働きすぎて、事故に遭ったり歩行者とぶつかったりすることが起きないためにも、無理せずに早めに切り上げることや、しっかり休養を取ることを心得ておきましょう。

実際、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達中に事故に遭った方もいるので、痩せたい一心で夢中になる気持ちもわかりますが、安全管理には十分気をつけましょう。

3-2. 熱中症対策をしっかり行う

Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車での配達は熱中症対策をしっかり行うべき

特に夏場や日中には、気温が高くなることからも熱中症に気をつけましょう。

配達パートナーの仕事はほとんど屋外で活動することからも、こまめな水分補給や日陰での休憩を取ることを意識しましょう。

3-3. 夏場や日中は特に日焼けをする

Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車での配達は日焼けをする可能性も高い

熱中症だけでなく、夏場や日中は特に日焼けをする確率も高いでしょう。

特に女性の場合は、日焼けに気を使う人も多くいることからも、曇りの日や日没後の活動をオススメします。

しかし、夜間の配達は事故のリスクも高まるので、周囲に注意することやヘルメットを着用して安全管理をすることも忘れないようにしましょう。

最先端の働き方を実現!

Uber Eatsで今すぐ配達する

まとめ|自転車での配達は適度な運動もできるが怪我や熱中症には注意!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車での配達は自転車での配達は痩せられる側面もあるが怪我や熱中症に注意

結論から言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車での配達はダイエットや健康管理の一環として取り組むことが可能でしょう。

自転車の配達パートナーが健康維持に繋がる理由としては、下記3点があります。

特に、有酸素運動である自転車で配達することは体脂肪燃焼効果も高く、筋肉量の多い足の筋肉を使うことで代謝をあげることができます。

そのため、食事制限もしっかり行えば摂取カロリーより消費カロリーが上回る事で、よりヘルシーな生活を送ることもできるでしょう。

しかし、自転車で配達を行う際には以下3点に気をつけましょう。

痩せることに夢中になるあまり、過度な疲れからも事故を起こす確率も高くなることや、水分補給を怠れば熱中症になる可能性もあります。

しっかりと事故管理を行い、安全に配達パートナーの仕事を行いましょう。

この記事を最後まで読んだあなたが、自転車配達パートナーの健康維持にオススメな理由について理解し、想定されるリスクに注意しながら活動することができれば幸いです。

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsで今すぐ配達する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)