Uber Eats(ウーバーイーツ)が利用可能なエリアはどこ?全国の15都市を総まとめ!
・Uber Eats(ウーバーイーツ)ってどこで利用できるの?
・配達パートナーになりたいんだけどどで活動できる?
・それぞれのエリアについて詳しく知りたい…
・マップで詳しくし確認したい…

もしかすると、この記事を見つけたあなたはUber Eats(ウーバーイーツ)が利用可能なエリアについて詳しく知りたいと思っているのではないでしょうか。

Uber Eatsはアプリ一つで料理を探しデリバリーまで行える便利さから、2016年に東京からサービスが普及され、瞬く間に全国へと普及が進みました。

さらに、Uber Eats(ウーバーイーツ)は単なるフードデリバリーサービスではなく、誰でも気軽に配達パートナーとして稼げることも人気になった理由です。

2019年現在:Uber Eatsは全国9都道府県で利用可能

※2019年7月12日時点での情報です

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)が利用な全国9都道府県15都市について、利用可能な時間帯・地域をマップも用いて詳しく解説しています。

この記事を最後まで読めば、

1.Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用したい方

2.配達パートナーとして活動したい方

いずれのシーンにおいても利用可能であるかどうか判断できるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用したいんだけど私の街でも使える?

Uber Eats初心者

ウーバー博士

この記事では利用可能なエリアについて詳しく説明しておるぞ。
もちろん配達パートナーとして活動したい方も自分の街で働けるか確認できるので必見じゃ!
当サイト経由でお得に体験!

1,000円OFFコード!

当サイト限定コード:

ins6j544

コピーしました

お得にUber Eatsを利用してみる

Uber Eatsに今すぐ登録

1. Uber Eats(ウーバーイーツ)東京エリア(東京23区)

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京エリアのサービスマップ

Uber Eats 東京23区にサービスエリアを拡大  〜23,000円が23名様に当たる #UberEatsTokyo23 キャンペーンを実施〜-Uber Newsroom

東京エリアでは23区ほぼ全域で利用可能(足立区北部、お台場臨海地区、羽田空港周辺では利用不可)

東京エリアでは、日本でのUber Eats(ウーバーイーツ)が普及された2016年9月当初から利用可能となっており、全国中でも認知度・利用率の高い都市となっています。

そのため、配達パートナー志望の方でも配達依頼が多く、特に渋谷・新宿・池袋・銀座・六本木・恵比寿・表参道・新橋・中目黒・麻布十番・赤坂では、最も稼げるエリアとも言われています。

2019年7月8日から、江東区・品川区・渋谷区・新宿区・墨田区・台東区・千代田区・中央区・豊島区・文京区・港区・目黒区を含む一部地域にて、Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用可能時間が午前8:00〜深夜1:00までと営業時間が拡大されています。

ウーバー博士

東京エリアは日本で最初に普及したことからも、全国の中でも特に配達パートナーとして稼げるエリアと言われていますね。

東京エリアでやらないのは損!

Uber Eatsに今すぐ登録

2. Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリア(さいたま市・戸田市・蕨市)

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリア(さいたま市・戸田市・蕨市)

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリアのサービスマップ

Uber Eats、さいたま市でサービス開始! 大宮・浦和・中央区のグルメをお好きな場所までデリバリー- Uber Eatsブログ

2019年7月現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉エリアでは、さいたま市・戸田市・蕨市で利用可能(さいたま市では、大宮区・中央区・浦和区・南区で利用可能)

埼玉エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)の利用可能時間は午前9:00〜深夜24:00までとなっています。

2019年3月19日に「さいたま市南区・戸田市・蕨市の一部」にもサービスエリアが拡大されたため現在では東京エリアと結合しました。

そのため、配達パートナー志望の方は東京エリアでの依頼も同時に引き受けられるようになりました。

特に埼玉エリアの中でも、大宮・さいたま新都心・与野・浦和周辺が加盟店が多く稼げるエリアと言われています。一方で、戸田市や蕨市では他の地域に比べ、依頼数も比較的少ないとの意見も伺えます。

ウーバー博士

東京にも遠征に行けばさらに稼げる見込みがあるのじゃ!

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsに今すぐ登録

3. Uber Eats(ウーバーイーツ)千葉エリア(市川市・船橋市)

Uber Eats(ウーバーイーツ)千葉エリア(船橋市・市川市)

Uber Eats(ウーバーイーツ)千葉エリアのサービスマップ

Uber Eats、千葉県市川市・船橋市でサービス開始!-Uber Eatsブログ

船橋市・市川市で利用可能。

細かく見ていくと、船橋市に関しては船橋競馬場周辺までの範囲まで、市川市に関しては市川駅周辺まで利用可能です。

千葉エリアの利用可能時間は午前9:00〜深夜24:00までとなっています。

配達パートナー志望の方に関しては、人口数・飲食店数を見てみると、船橋市の方が数が多いためUber Eats(ウーバーイーツ)の依頼数も多い見込みがあるでしょう。

しかし、江戸川区・葛飾区など東京エリアとも結合しているので、市川市で活動している配達パートナーの方でも、東京エリアに遠征に行けばさらに稼げる見込みもあるかと思います。

千葉エリアでも東京と密接しているので、特に市川市では東京の案件も引き受けられそうですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsに今すぐ登録

4. Uber Eats(ウーバーイーツ)神奈川エリア(横浜市・川崎市)

Uber Eats(ウーバーイーツ)神奈川エリア(横浜市・川崎市)

Uber Eats(ウーバーイーツ)神奈川エリアのサービスマップ

横浜と川崎が繋がり一つのエリアに。鶴見区、高津区を含む新しいサービス提供エリアでキャンペーン実施-Uber Eatsブログ

横浜市・川崎市で利用可能

細かく見ていくと、横浜市では西区・南区・中区・保土ヶ谷区・神奈川区・港北区・磯子区・鶴見区。

川崎市では、中原区・川崎区・幸区・高津区のエリアで利用可能です。

神奈川エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)の利用可能時間は、午前10:00〜深夜23:00までと比較的短めになっています。

配達パートナー志望の方に関しては、やはり横浜エリアの方が加盟飲食店数が多く、特に横浜駅・みなとみらい駅・桜木町駅周辺が最も稼げるエリアと言われています。

もちろん川崎エリアの方でも、大田区・世田谷区など結合しているので東京エリアの案件も引き受けることが可能でしょう。

ウーバー博士

神奈川エリアでも東京に劣らず稼げるエリアとして人気があるのじゃ!

横浜エリアも好調!

Uber Eatsに今すぐ登録

5. Uber Eats(ウーバーイーツ)愛知エリア(名古屋市)

Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)愛知エリアのサービスマップ

名古屋市内の Uber Eats サービスエリアを拡大し、新たに熱田区・千種区・昭和区を追加-Uber Eatsブログ

2019年7月現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)愛知エリアでは名古屋市の一部のみで利用可能となっています。

名古屋市の細かいエリアについては、中区・中村区・西区・北区・中川区・東区・熱田区・千種区・昭和区で利用可能となっています。

名古屋エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)の利用可能時間は、午前9:00〜深夜24:00までとなっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の名古屋エリアは2018年10月に開始された比較的新しいエリアですが、配達パートナー志望の方に関しては、特に中区が飲食店の多さからも比較的稼げるエリアと言えるでしょう。

最近でも熱田区・千種区・昭和区と利用可能エリアが拡大した背景から、名古屋市での需要が増えつつある印象が伺えます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

シフトなしで自由に働く

Uber Eatsに今すぐ登録

6. Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪エリア(大阪24区)

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪エリアのサービスマップ

10月30日(火)より大阪20区でご利用可能に。期間限定プロモーションコードで配送手数料が無料-Uber Eatsブログ

2019年7月現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)の大阪エリアでは大阪市24区全ての地域で利用可能となっています。

さらに、2019年7月8日(月)より、北区・中央区・天王寺区・浪速区・西区を含む一部地域では、Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用可能時間が午前8:00〜深夜1:00まで拡大しています。

配達パートナー志望の方に関しては、特に、梅田・心斎橋・難波エリアの需要が高く多くの依頼が引き受けられるのでオススメです。

さらに、大阪エリアでは依頼が多いのにも関わらず、報酬の手数料が5%と安く、東京よりも割合よく稼げると密かに注目されているスポットでもあります。

しかし、需要の高い梅田・心斎橋・難波エリアでは交通量が非常に多いので、原付よりも自転車の方が効率よく稼げるという意見もあります。詳しくは、大阪エリアの収入・メリット・デメリットをご覧ください

最先端の働き方を実現

Uber Eatsに今すぐ登録

現役配達パートナー

大阪で現役配達パートナーとして活動する私が実践している配達のコツも伝授しています!

7. Uber Eats(ウーバーイーツ)京都エリア(京都市)

Uber Eats(ウーバーイーツ)京都エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)京都エリアのサービスマップ

京都市内の Uber Eats サービスエリアを拡大し、 新たに右京区・南区を追加-Uber Eatsブログ

2019年現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)の京都エリアでは、上京区・中京区・下京区・東山区・左京区・北区・右京区・南区での利用が可能となっています。

京都エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)の利用可能時間は午前9:00〜深夜24:00までとなっています。

配達パートナー志望の方に関しては、Uber Eats(ウーバーイーツ)の京都エリアでは、特に上京区・中京区・下京区・東山区のエリアが飲食店数・観光客数が多いため配達依頼も充実した印象です。

実際に、筆者の私も京都に住んでいた時によくUber Eats(ウーバーイーツ)のバッグを背負った配達パートナーを目にしており、特に花見シーズンには活発な印象を受けました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の認知度の高い観光客や、ピクニック・お花見でも活用しやすい背景から京都でも人気のサービスとなっていますね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsに今すぐ登録

8. Uber Eats(ウーバーイーツ)兵庫エリア(神戸市・芦屋市・西宮市)

Uber Eats(ウーバーイーツ)兵庫エリア(西宮市・神戸市・芦屋市)

Uber Eats(ウーバーイーツ)兵庫エリアのサービスマップ

Uber Eats サービスエリアを拡大し、新たに芦屋市・西宮市を追加-Uber Eatsブログ

2019年現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)の兵庫エリアでは、神戸市・芦屋市・西宮市の一部で利用可能となっています。

細かいエリアに関しては、神戸市では中央区・兵庫区・灘区・長田区・須磨区・東灘区。

芦屋市では、南芦屋浜付近・北部を除く地区、西宮市では南部・北部を除く地区で利用可能となっています。

兵庫エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)の利用可能時間は午前9:00〜深夜24:00までとなっています。

配達パートナー志望の方に関しては、Uber Eats(ウーバーイーツ)の兵庫エリアでは特に、人口数・飲食店数を見て神戸市の兵庫区・中央区・灘区が一番稼げるエリアと言えるでしょう。

西宮市・芦屋市に関しては、2019年3月26日にサービス開始してまだ間もないので、これから依頼が増えることに期待したい所です。

ウーバー博士

兵庫でもエリア拡大の背景から需要が伸びつつあるイメージじゃ!

最先端の働き方を実現

Uber Eatsに今すぐ登録

9. Uber Eats(ウーバーイーツ)福岡エリア(福岡市)

Uber Eats(ウーバーイーツ)福岡エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)福岡エリアのサービスマップ

Uber Eats は新たに早良区を追加し、福岡市内5区でご利用可能に-Uber Eatsブログ

2019年7月現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)の福岡エリアでは、福岡市の一部、博多区・中央区・南区・城南区・早良区で利用可能となっています。

福岡エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)の利用可能時間は午前9:00〜深夜24:00までとなっています。

福岡エリアに関しては2018年からサービス開始した比較的新しいエリアであることからも、配達パートナー志望の方に関しては他のエリアに比べ案件が少ないという意見もあります。

しかし、飲食店数の多い博多・天神エリアでの需要もあり、活動している配達パートナーも見られることからも稼げるエリアと言えるでしょう。

福岡は飲食店で賑わっているイメージがあります。もう少し認知度が高くなれば全体的に案件数も増えそうですね!

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者

シフト無しで自由に働く!

Uber Eatsに今すぐ登録

 

まとめ|Uber Eats(ウーバーイーツ)はこれからも需要・エリア拡大の兆し有り!

Uber Eats(ウーバーイーツ)エリア別の収入

アプリ一つで好きな料理が見つけデリバリーまで行える手軽さからも、世界250都市以上に普及しているサービスUber Eats(ウーバーイーツ)。

日本でも2016年9月29日から東京でのサービスを開始し、わずか1年足らずで登録ユーザー数が5000人以上も記録したことでも注目されました。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)のは4500以上ものレストランが登録しており、チェーン店だけでなく地元で人気のお店も活用していることから普及状況の広さも伺えます。

2019年7月現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)以下全国15都市で利用可能となっています。

それぞれのエリアの利用可能時間に関しては、それぞれの地区でばらつきがあります。

  • 東京・大阪エリアの一部(午前8:00〜深夜1:00)
  • 神奈川エリア(午前10:00〜深夜23:00)
  • その他エリア(午前9:00〜深夜24:00)

特に、東京・大阪エリアの一部では営業時間が拡大されていることからも、需要の高さが伺えます。

料理の注文者だけでなく、配達パートナー志望の方も今回紹介した全国15都市で副業として働くことが可能です。

それぞれの都市で稼げるエリアに違いがあるので、配達パートナーとして活動の際は、需要の高いエリアを狙うことや効率よく配達することを覚えることで高報酬を稼ぐことも可能と言えるでしょう。※配達パートナーの仕事はどれくらい稼げる?

この記事を最後まで読んだあなたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用可能なエリア・時間帯について把握することができ、配達パートナー志望の方も活動するエリアの選定に役立つことができれば幸いです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は今、女性の配達パートナーも活躍中!

配達パートナー志望系女子

最先端の働き方を実現!

Uber Eatsに今すぐ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)