世界はまだブロックチェーンの本質を掴めていない | Token Sky Tokyo 2018

ブロックチェーンイベント

7月4日(水)から5日(木)に開催された、「Token Sky Tokyo 2018」の取材に行ってきました。今回は、その取材レポートと取材して感じた筆者の所感を記して行きます。

ただのレポートではなく、仮想通貨・ブロックチェーンに対して、世界は今どのような場所にいるのか、どこまで進んでいるのか、個人の意見ではありますが、わかりやすくお伝えしていきます。

イベントが気になっていたり、行きたくても行けなかった方々へ、少しでもイベントの様子をお伝えできれば幸いです。

Token Sky Tokyo 2018とは?

今回取材した、「Token Sky Tokyo 2018」とは、TokenSkyという中国の団体とスマホゲームの「AVABEL ONLINE」で有名な株式会社アソビモ主催の、アジア規模の仮想通貨・ブロックチェーンのイベントです。

世界中の仮想通貨・ブロックチェーンのプロジェクトの責任者や著名人による講演や、展示会が行われました。

主催者である株式会社アソビモ代表取締役の近藤克紀さんが、「日本の仮想通貨・ブロックチェーン業界は、世界に比べてまだまだ活発じゃない。このような世界レベルのイベントを日本でどんどん開催して、もっと盛り上げて行きたい。」という思いから、このイベントを開催されました。

どんなイベントだったのか?

では、イベントの様子をご紹介していきます。

イベントの開催地は、東京ベルサール汐留で行われました。菊池市場があるところです。

ブロックチェーンのお祭り

 

会場に入ると早速、様々な仮想通貨・ブロックチェーンのプロジェクトの紹介ブースが並んでいました。

ブロックチェーンバイク

 

このようなバイクが展示していました。VRゲームとブロックチェーン技術を用いたプロジェクトです。もっと日本にeスポーツが発展することを目的としたプロジェクトとのことです。

仮想通貨女子

 

世界初の仮想通貨アイドル、「仮想通貨女子」も今イベントに参加していらっしゃいました。

仮想通貨・ブロックチェーン業界の最前線にいる方々のプレゼン

メイン会場の様子。ここで仮想通貨・ブロックチェーン業界の最前線にいる方々のプレゼンを聞きました。

他にも会場中で様々なプロジェクトの展示が行われていました。

コスプレのプロジェクトやイラストの描いている途中が見れて、かつそのイラストを売買できプロジェクト、最新のマイニングマシンの展示などなど、本当にいろんなプロジェクトについて知ることができました。

これからの仮想通貨・ブロックチェーン業界の動向

イベントを通して、筆者が感じたことをまとめて行きます。あくまで個人の意見ですので、参考程度に読んで頂けたら幸いです。

これからブロックチェーンプロジェクトの戦国時代が到来する

 

ブロックチェーンプロジェクトの戦国時代

今年に入って、ブロックチェーンに関するプロジェクトが次々と立ち上がっています。イベントではその最前線にいらっしゃる方々のお話を聞き、彼らの熱い思いやその本気度を肌身に感じました。

この勢いは、これからもっと激しくなるでしょう。自然に世間に受け入れられないプロジェクトはどんどん淘汰されていきます。現に、今でもブロックチェーンを用いたプロジェクトは立ち上狩りつつも、続いているプロジェクトは10%もありません(詐欺目的で立ち上げたプロジェクトはたくさん見受けられますが…)

しかし、それでも仮想通貨・ブロックチェーンが持っているポテンシャルは計り知れないものです。少しでも世界をよくしようと世界中の人たちが、仮想通貨・ブロックチェーンに希望を抱き、日々開発を手がけています。ますます今後どうなっていくのか注目です。

一方、日本はどうなのか?

しかし、イベントでのプロジェクトの講演や展示のほとんどは、中国のプロジェクトでした。日本のプロジェクトももちろんありましたが、中国や欧米と比べるとかなり少なかった印象です。

現に、仮想通貨・ブロックチェーンに関する特許の割合は中国・アメリカで7から8割を占めており、中国はなんと全体の半分とのことです。日本は全体の3%しかないそうです。

特許だけ判断するのは、本質的ではないででしょう。とはいえ現に日本での仮想通貨・ブロックチェーン業界に身を投じている方々も、「アメリカ・中国に比べて日本が活発ではない」のは、みな感じているとのことです。

それでも、日本初のすばらしいプロジェクトはどんどん発足しています。中国・アメリカに負けない、世界に通用するようなプロジェクトが日本から誕生するのを期待したいですね。

特にdAppsゲームのブームがやってくる!

dAppsゲームブーム

今特に仮想通貨・ブロックチェーンのプロジェクトで波が来ているのは、dAppsゲームです。

dAppsゲームは、ブロックチェーン技術を用いたゲームであり、ゲームにおける様々なアクションをブロックチェーン上に記録することで、ゲームアイテムを仮想通貨に換金したり、ゲームのキャラクターの交換が行えるなど、今まで実現したくても出来なかった機能が実現すると大きな期待が集まっています。

今イベントでも、イーサエモンを始めとした、様々なプロジェクトが参加していました。まだまだ開発途中でもありますが、実際に遊べるゲームもたくさんリリースされています。

これは筆者の予想ですが、今はスタートアップがdAppsゲームのプロジェクトを進めていますが、今後1年か程で、大手企業が参入することでしょう。そのタイミングがdAppsゲームが一気に世界に広まるタイミングではないかと考えています。

現に、日本のスマホゲーム大手と言っていい、株式会社アソビモが「アソビモコイン」というプロジェクトを発足しました。このプロジェクトは「デジタルコンテンツの2次流通市場を作る」という、画期的なプロジェクトです。

アソビモのようなゲーム大手企業が、今後どんどん参入することは間違いないでしょう。一番最初にブロックチェーンのプロジェクトで成功するのはdAoosゲームではないかと筆者は考えています。

世界はまだ、ブロックチェーンの本質を掴めていない

世界はまだ、ブロックチェーンの本質を掴めていない

しかし、世界は仮想通貨・ブロックチェーンで盛り上がっていつつも、そのほとんどは、ブロックチェーンの本質を理解していない、または活かしきれていない、というのを感じました。

もちろん、まだどうなるかわからない仮想通貨・ブロックチェーンに魅力を感じ、プロジェクトを実際に立ち上げ、開発している方々には、大きな尊敬を抱いています。今イベントに参加して、その思いはさらに大きくなりました。

それでも、ほとんどのプロジェクトは、ブロックチェーンの本日を理解していない、または活かしきれいないと感じるのは事実です。

では、ブロックチェーンの本質とは何か、筆者の個人的意見ですが、記していきます。

ブロックチェーンは取引データの記録・管理技術である。

ブロックチェーン 台帳とは?

まず、ブロックチェーンはそもそもどのような技術なのかを理解する必要があります。

様々な意見が存在していますが、それらをまとめると、ブロックチェーンはデータの記録・管理に関する技術です「分散型台帳技術」と呼ばれるように、ブロックチェーンは台帳、つまり取引を記録する技術です。

では、従来の記録・管理する技術との違いは何か、それは「一人で行うかみんなで行うか」の違いです。一人で行うのはなく、みんなで行うことで、「取引データの不正・改ざんが行われない」というメリットがあります。

一見シンプルなメリットですが、これが非常に大きなメリットなのです。

不正・改ざんが行われないことで、どのようなメリットがあるのか

ブロックチェーンとは

取引データの不正・改ざんが行われないことで、何が良いのか?ここが難しいポイントで、正確に理解するべき所だと、筆者は考えています。

取引データが不正・改ざんされないということは、そのデータに信頼が生まれます。信頼が生まれるということは、価値を生み出せる可能性があるということです。つまり、収益を生み出す力があるということです。

例えば、先ほど説明したdAppsゲームの場合、Aさんが何時間もかけて自分のキャラを育成し、敵とバトルして得たアイテムは、今まではゲーム内でのみ扱うことが出来ました。Aさんがそのゲームを引退してしまうと、そのアイテムは一切の価値がなくなります。

しかし、バトルしてアイテムを得たことを、ブロックチェーン上に記録することで、その記録に信頼が生まれます。そこに仮想通貨を組み合わせることで、仮想通貨に換金することが可能になります。今まではゲーム内でしか価値がなかったアイテムが、現実の世界で価値あるものとして変化するのです。

従来の技術で、このようなことを行うと、ゲームに対してハッキングを行い、無限に通貨を手に入れることが可能でした。しかし、ブロックチェーン上にゲームのデータを記録することで、不正・改ざんが行えなくなることで、そのデータを実際の通貨に換金する等の価値を生み出すことが可能になるのです。

ブロックチェーンの本質とは、取引データに価値が生まれることだ

ブロックチェーンの本質とは、取引データに価値が生まれることだ

以上から、ブロックチェーンの本質とは、記録されたデータを用いて新しい価値を生み出せることにあります。

しかし、そのデータからどんな価値を生み出せるのか、それがまだ世界が理解し切れていません。なぜなら、今までそのようなことができなかったからです。完全に未知の領域なのです。

インターネットが誕生したときも、どのように活かすのか、みんなわからなかったはずです。なぜなら、今までそんなことがありえなかったからです。その活かし方を一番早く見つけ、成功したのは誰なのか、みなさん周知のはずでしょう。

ブロックチェーンを活かすには、まず「何を記録するのか」を考えるべきである

ブロックチェーン何を記録するか

上記で記載したように、ブロックチェーンの本質は、「取引データから新たな価値が生まれること」です。

では、新たな価値を生み出すためには何が必要でしょうか?

それは、そもそも「何を記録するべきなのか」になります。

様々な取引データでも価値を生み出せるものと生み出せないものがあります。どれだけ教えがうまい人から教わっても、元の素質がないと意味がないのと同じです。

したがって、価値が生み出せる取引データが何かを見極めることが、まず必要になります。

具体的にどのようなものがそれに当たるか、わかりやすいのが芸術作品です。

例えば、ここにひまわりの絵があるとしましょう。この絵を所持している人が「これを描いたのは、ゴッホです。したがって、この絵は1000万の価値がありますよ。」と主張した場合、みなさんは信用できるでしょうか?おそらく、全員が信用できないと思います。理由は、ゴッホがこの絵を書いた証拠がどこにもないからですね。

もしゴッホ本人が目の前に現れ、「私が書きました。」と主張すれば、全員が信用するはずです。しかし、ゴッホはすでにこの世にいらっしゃらないので、それは100%ありえません。

つまり、従来の芸術作品は、本人が主張しない限り、その作品の著作権が判断できなかったのです(当然ですが、、)。

しかし、これをブロックチェーン上に記録するとどうなるでしょうか?例えば、日本を代表する芸術家、草間彌生さんがデジタル上で作品を作り、それをブロックチェーン上に記録したとします。ブロックチェーン上に記録されたデータは不正・改ざんされないので、何十年何百年先でもその作品は、草間彌生さんの作品だと証明できるのです。

すると、どうなるでしょうか?その作品が一生、草間彌生さんの作品だと証明できるので、その作品に対して正確な取引が可能になります。

ブロックチェーン記録

まとめると、作品をブロックチェーン上に記録することで、その著作権を担保し、公正な取引が可能になるのです。

このように、ブロックチェーンを活かすには、まず「何を記録するのか」をしっかり考える必要があります。その上で、「その記録をどのように活かすのか」を考えていきます。

ゲーム・芸術作品・通貨・不動産・流通などの業界では、「記録するもの」と「記録内容の活かし方」がわかりやすく、ブロックチェーンとの相性が良いと言われています。

ブロックチェーン業界におけるGoogle・Apple・Facebookのような存在になるのは、「何の取引データ記録し、どのように活かすのか」、この最適解をいち早く見出した人・組織ではないかと、筆者は考えています。

まとめ

今回、ありがたいことに、Token Sky Tokyo に参加させて頂き、本当に貴重な体験をすることができました。

仮想通貨・ブロックチェーン業界は、これからどんどんアツくなります。我々も少しでも、その魅力をみなさんにお伝えできるよう、邁進して参ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です