TradeViewのレバレッジ・スプレッドはどう?他者と比較してわかった4つの落とし穴
・TradeViewのレバレッジ取引ってどう?
・スプレッドは他者と比べてどう?
・本当にお得に取引できる業者?
・国内業者と比較すると安全性は?

もしかすると、この記事を見つけたあなたはTradeViewのレバレッジやスプレッドに関して興味をお持ちなのではないでしょうか。

確かに、TradeViewでは最大500倍でのレバレッジ取引が可能。最近では一攫千金を狙うトレーダーの多くが海外に目を向けていることからも注目されつつある業者です。

しかし、500倍というハイレバレッジのみに引き寄せられ、リスクや欠点を十分に理解せず大きな損を被ってしまったトレーダーも多くいることも事実。

この記事では、TradeViewのレバレッジとスプレッドに関して、他社と比較して判明した3つの落とし穴について詳しく説明しています。

結論から言うと、TradeViewはスプレッドが広くボーナスが一切ないことから国内業者に比べレバレッジ取引するお得さやメリットが無い業者と言えます。

この記事を最後まで読めば、TradeViewでのレバレッジ取引の注意点やスプレッドの広さを比較して知ることができ、本当にお得に利用できる業者であるか理解できるでしょう。

FX博士

海外業者の難点はスプレッドが広く取引コストが大きくかかることじゃ…
国内業者は特にスプレッドが狭く、キャンペーンも充実していることからお得に始められますよね!

FX初心者

警告
当サイトは海外FXに関する情報を海外居住者向けに記載していますが、海外FXの紹介リンクを一切掲載しておりません。理由として海外FX業者の多くは、日本国内での法律に違反しているからです。LANDFXも本当は違法性があります。たとえ海外所在業者であったとしても、日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、金融商品取引業の登録が必要です。登録を受けずに金融商品取引業をおこなうことは日本の法律で禁止されています。悪質な業者から日本人を守るためです。ゆえに万が一悪質な海外業者によって、あなたが大きな損害を被らないためにも、必ず下記のページをお目通しのうえ、無登録業者を使用することによる取引リスクの認識をお願いします。

 

・金融庁ホームページ
無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください

 

・関東財務局ホームページ
海外無登録業者にご注意ください

 

・無登録で金融商品取引を行っているとして、金融庁(財務局)が警告を行った者の名称等
無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について

 

・国民生活センターウェブサイト
儲かっているのに出金できない!?海外FX取引をめぐるトラブルにご注意 -自動売買ソフト等を購入させ、海外FX取引に誘う手口-

1. TradeViewのレバレッジに関する4つの落とし穴

TradeViewのレバレッジに関する4つの落とし穴

TradeViewでは最大500倍でのレバレッジ取引が可能ですが、口座タイプによっては最大400倍や200倍と制限されている場合もあります。

さらに、ロスカット率が100%とかなり高いため中々思うように取引できない場合も多いでしょう。

また、ボーナスが一切ないことやスプレッドも比較的広いことを考えると、お得に取引できる業者とはお世辞にも言えません。

結論から言うと、特にメリットの無いTradeViewを利用するよりも、国内業者を利用した方が断然お得で安全なレバレッジ取引ができるでしょう。

1-1. 口座タイプによって最大レバレッジ倍率に違いがある

TradeViewは口座タイプによって最大レバレッジ倍率に違いがある

口座タイプ 最大倍率
MT4 X Leverage
(スタンダード口座)
500倍
cTrader 400倍
Viking 400倍
MT4 ILC 200倍
MT5 200倍

TradeViewでは口座タイプによって設定できる最大レバレッジ倍率に違いがあります。

スタンダード口座では最大レバレッジ500倍での取引が可能。

しかし、その他口座ではTradeViewが売りにしている500倍の倍率での取引はできないので注意が必要です。

レバレッジが高ければリスクも大きくなるので、一概にハイレバレッジでの取引がオススメできるとも言えません。

FX初心者

1-2. ロスカット水準が100%のため取引が大きく制限される

TradeViewはロスカット水準が100%のため取引が大きく制限される

Tradeviewではロスカット率が100%に設定されているため、取引の幅が大きく制限されることになります。

業者はロスカットが発生した時が一番儲かるポイントと言われていることからも、100%に設定されていることはレバレッジ取引において大きく不利になるでしょう。

特に海外ではロスカット率20%以下やゼロカットに設定されている業者も多いことから、TradeViewのでレバレッジ取引は条件が良いとは言えません。

FX博士

ロスカットが発生しやすい業者ほどトレーダーにとって不利になるのじゃ…

1-3. 完全信託保全でないためレバレッジ取引で多額の資産を預けることは危険

TradeViewは完全信託保全でないためレバレッジ取引で多額の資産を預けることは危険

TradeViewでは資産管理において最大35,000ドル(約350万)の信託保全を設けています。

海外業者では基本的に信託保全が設けられていない場合が多いので、TradeViewでは少なからず安全性もあると言えるでしょう。

しかし、国内では完全信託保全がある業者も多く、万が一の場合には預けていた資産全額が保障されるため比較すると国内業者の方が高い安全性があります。

特にレバレッジ取引では資産を多く預ける人も多いため、資産管理には十分気をつける必要があるでしょう。

FX博士

過去には倒産した業者もあることから資産管理の安全な業者選びが大切じゃ!

1-4. ボーナスが一切無いためレバレッジ取引でのお得さは無い

TradeViewはボーナスが一切無いためレバレッジ取引でのお得さは無い

FX業者の多くがボーナスを設定していますが、TradeViewでは一切実施されていません。

特に、国内では多くの業者がキャッシュバックキャンペーンを設けていることから、新規口座開設時や取引量に従ってお得に取引をすることができます。

結果、お得さも無くスプレッドも広いTradeViewは、国内業者と比べて特別利用すべきメリットが無いと言えるでしょう。

特に初心者はお得にFXを始められるキャッシュバック付きの国内業者を選ぶことをオススメします!

FX初心者

 

2. TradeViewと他業者のスプレッド比較一覧表

業者名 ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
FXDD 2.3pips 3.0pips 3.8pips 3.5pips 1.8pips
XM 1.6pips 2.6pips 3.5pips 3.0pips 1.6pips
TradeView 1.8pips 1.9pips 2.3pips 2.6pips 1.7pips
iFOREX 0.9pips 1.7pips 2.5pips 3.5pips 0.8pips
TitanFX 1.33pips 1.74pips 2.45pips 2.12pips 1.2pips
AXIORY 1.5pips 1.7pips 2.7pips 2.1pips 1.3pips
LANDFX 0.8pips 1.5pips 1.8pips 1.6pips 0.8pips
DMMFX 0.3pips 0.6pips 1.1pips 0.7pips 0.5pips

※スプレッドはスタンダード口座の平均値で比較

スプレッドに関して業者間を比較すると、残念ながらTradeViewは広いことがわかります。

特に、スプレッドの狭い国内業者DMMFXと比較すると、TradeViewは平均1.42hipsも広いことが事実。

確かにレバレッジ倍率に関しては国内業者よりも海外業者の方が高いですが、スプレッドが広くボーナスも一切無いTradeViewは取引においてお得さが無いと感じます。

低スプレッドで取引コストを抑えお得に取引したいのであれば、国内業者を利用することが好ましいでしょう。

特にDMMFXは国内業者の中でもスプレッドが狭く、おまけにキャッシュバックキャンペーンも充実しているためオススメです。

まとめ|お得にレバレッジ取引したいのであれば国内業者の利用がオススメ!

お得にレバレッジ取引したいのであれば国内業者の利用がオススメ!

結論から言うと、TradeViewはロスカット水準100%と高いためレバレッジ取引の幅が狭いのでオススメできません。さらに、スプレッドも広くボーナスも一切無いことからお得に取引できるとは言え無いでしょう。

そのため、お得に取引したいのであればスプレッドが狭くキャッシュバックキャンペーンが充実する国内業者を利用することがオススメです。

レバレッジ取引はリスクが高く安全性の高い業者を利用することが大切になるため、350万円までの信託保全しか無いTradeViewよりも完全信託保全のある国内業者の方が安心して取引できるでしょう。

特に、初心者の方に関してはリスクの高いレバレッジ取引は国内業者の利用がオススメ。DMMFXでは安全性が非常に高く、初心者でも使いやすいと定評があります。

さらに、2019年8月現在では条件達成で2万円が必ずもらえるキャンペーンも実施中なのでよりお得に始められるでしょう。

この記事を最後まで読んだあなたが、TradeViewでレバレッジ取引を行う際の3つの落とし穴と、他者との比較からわかったスプレッドの広さにを十分に理解し、よりお得で安心して取引できる国内業者を見つけることができれば幸いです。

今なら2万円獲得チャンス!

DMMFXで今すぐ口座開設

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)