LANDFXは危険?評判・特徴・使えない理由
・LANDFXってどんなブローカー?
・特徴やデメリットは?
・評判は悪い?
・安全に使えるの?

もしかすると、この記事を見つけたあなたは、約定力や高いレバレッジで大きなリターンが望めると噂の海外FX業者LANDFXに興味をお持ちなのではないでしょうか?

確かに、最近は少ない資産でもハイレバレッジで取引でき、大きなリターンを望めることからも、海外FX業者に注目が集まっています。

しかし、単純にネットの情報を鵜呑みにするのは危険で、海外のFX業者にはメリットだけでなく大きなリスク・デメリットも潜んでいます。

そのため、この記事ではLANDFXが本当に安全に利用できる業者なのか、特徴・デメリット・評判について詳しくまとめました。

この記事を最後まで読めば、果たしてLANDFXが安全に利用できる業者なのか、理解できるでしょう。

高いレバレッジで一攫千金を狙いたい!

FX初心者

FX博士

高いレバレッジはメリットではあるが、大きなリスクも伴うのじゃ…
ネット上では海外業者のメリットばかり目にするが、この記事ではデメリットについても詳しく解説しておるぞ。
警告
当サイトは海外FXに関する情報を海外居住者向けに記載していますが、海外FXの紹介リンクを一切掲載しておりません。理由として海外FX業者の多くは、日本国内での法律に違反しているからです。LANDFXも本当は違法性があります。たとえ海外所在業者であったとしても、日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、金融商品取引業の登録が必要です。登録を受けずに金融商品取引業をおこなうことは日本の法律で禁止されています。悪質な業者から日本人を守るためです。ゆえに万が一悪質な海外業者によって、あなたが大きな損害を被らないためにも、必ず下記のページをお目通しのうえ、無登録業者を使用することによる取引リスクの認識をお願いします。

 

・金融庁ホームページ
無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください

 

・関東財務局ホームページ
海外無登録業者にご注意ください

 

・無登録で金融商品取引を行っているとして、金融庁(財務局)が警告を行った者の名称等
無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について

 

・国民生活センターウェブサイト
儲かっているのに出金できない!?海外FX取引をめぐるトラブルにご注意 -自動売買ソフト等を購入させ、海外FX取引に誘う手口-

LANDFXは、海外13ケ国に拠点を置くニュージーランドのFX業者です。

約定力の高さや・取扱通貨ペアが60種類以上と豊富な取引ができることから、日本人からも注目されつつある業者となっています。

また、英国金融サービス補償機構(FSCS)に加入しており、NDZライセンスも取得していることからも海外FX業者の中では比較的信頼性もあるブローカーとも言えるでしょう。

しかし、取引の禁止事項もが多いことや、サーバーダウンも起こっていることからも、いまいちLANDFXを利用するメリットが感じられない部分もあります。

LANDXFの特徴やデメリットについては以下で詳しく説明しています。

2. LANDFX(ランドFX)の6つの特徴

LANDFXの特徴としては、上記6点が挙げられます。

特に、資金補償やライセンス取得に関しては一定の信頼性もある業者であることが伺えます。

LANDFXの6つの特徴について以下で詳しく説明します。

2-1. 最大500倍のレバレッジ取引が追証無しで取引可能

LANDFXでは最大500倍でのレバレッジ取引が追証無しで利用可能です。

そのため、高いレバレッジを賭け、証拠金を上回る損失が出た場合でも借金を負うことはありません。

しかし、借金を負うリスクは無いと言えども、資産をすべて消失してしまうリスクはあるので気をつけましょう。

2-2. MT5が利用可能

LANDFXではMT4だけでなく、MT5も利用可能となっています。

MT5とは、高性能取引ツールとして多くのトレーダーに愛用されてきたMT4の進化系とも呼ばれるツールで、動作スピードの速さやチャート分析能力、使いやすさなどの点において優れています。

実際、MT5が利用できる国内業者は未だに無いため、比較するとLANDFXの特徴と言うこともできるでしょう。

しかし、使用感の面ではMT5よりもMT4の方が使いやすいと言う意見も多く、日本人にとってはMT5を利用する機会も多く無いので、MT4が利用可能な国内業者がおすすめとも言えるでしょう。

2-3. 取扱通貨ペアが67種類と多い

  • 通貨ペア67種類
  • 貴金属8ペア種類
  • オイル3種類
  • インデックス15種類

LANDFXでは上記、合計93種類の商品が取引可能となっています。

特に、スウェーデンクローナ、チェココルナ、ロシアルーブルなど国内では取引できないマイナー通貨も多く含んでいる点、LAMDFXの特徴とも言えるでしょう。

通貨ペアに関して言えば海外FX業者の中でも豊富なラインナップとなっていますが、国内の業者でも通貨ペア100種類を取り揃えるIG証券や、150種類以上を取り揃えるサクソバンク証券もいることをお忘れなく。

2-4. データセンターを多く配置している

LANDFXでは、Equinix、PrimeXm、RousTech等のデータセンターと提携しています。

そのため、通信速度が早く約定力も海外業者の中ではトップクラスに高いと言われています。

2-5. ボーナスキャンペーンを実施

LPボーナス スタンダード口座のボーナス
対応口座 LPボーナス口座 スタンダード口座
ボーナス額 入金額の100%
(最大50万円まで)
入金額の10%をキャッシュバック
条件 LPボーナス口座を開設する 規定ロット数に応じて
期間 未定 無期限

2019年6月現在、LANDFXでは上記2つのボーナスキャンペーンを実施しています。

しかし、注意することとして以下の条件を守らないと、ボーナス金額が失効してしまいます。

ボーナス失効条件
・複数業者、口座間での両建て取引
・口座内にボーナス資金が残ってい流にも関わらず出金した場合
・入金額が100ドル(約一万円)未満の場合

上記を踏まえると、ボーナス金額はトレードに利用することしかできず、出金したいのであれば、ボーナスを使いトレードで利益を獲得しないといけないため、高額なボーナスといっても条件が厳しいでしょう。

2-6. 5万ユーロまでの資金補償に対応

LANDFXでは、英国金融サービス補償機構(FSCS)という消費者保護制度に加入しているため、仮にLANDFXの運営会社が倒産した場合でも、5万ユーロ(約600万円)まで補償を受けることができます。

しかし、国内では完全信託保全という資産の全額保証を行なっている業者もあるため、特に大口での取引を行なっているトレーダーの方は、国内業者を利用した方が資産の安全性は高いでしょう。

完全信託保全有り!
DMMFXで今すぐ口座開設
 

3. LANDFX(ランドFX)の5つのデメリット

一方で、LAMNDFXには上記4点の大きなデメリットが存在します。

中でも特に、禁止項目が多いことや、出金手数料や最低入金額が一万円以上の点でコストがかかってしまう点など利用までのハードルが高くなってしまう一面もあります。

上記4つのデメリットについて以下で詳しく説明します。

以下を読むことで、果たしてあなたがLANDFXを利用すべきかどうか判断材料を得られるでしょう。

3-1. DD方式が採用されている

通常海外のFX業者ではNDD(ノーディーリングデスク)方式が採用されている場合が多いですが、LANDFXではDD(ディーリングデスク)方式が採用されています。

DD方式とは、取引の際にユーザーが行なった注文が直接インターバンクに反映されるのではなく、中間にFX業者が介入し、注文をカバー先に通すという仕組みになっています。

そのため、直接注文がインターバンクに通るNDD方式とは違い、FX業者の不当な利益追及にとってトレーダーの利益が相反する場合もあります。

特に海外の業者は信頼性が低い場合が多いので、信頼できる業者を利用したいのであれば国内のブローカーを利用すべきでしょう。

3-2. ボーナスの転用・裁定取引・エラー状態でのトレードが禁止事項

  • ボーナスの転用(他口座への移行・他業者での利用等)
  • 裁定取引(アービトラージ)
  • エラー状態(接続遅延・レートエラー)での取引

LANDFXでは、上記項目がすべて禁止されています。

万が一、禁止項目を行なった場合には出金拒否になる場合もあるので注意が必要です。

3-3. 出金手数料が高い

LANDFXでは入金手数料は無料ですが、出金の際に手数料が高くかかってしまうというデメリットがあります。

特に海外銀行送金の場合は、出金手数料が5000円程も取られてしまうため、まとめて出金しなければ損が大きくなります。

なので、海外業者を利用する場合には、出金手数料以外に大きな利益が望める方や特に高いレバレッジ取引を行いたい方以外にメリットはありません。

特に初心者の方は、デメリットの少ない国内業者の利用がオススメできるでしょう。

3-4. 最低入金額が一万円以上必要

LANDFXへの入金額は最低でも一万円以上に設定されています。

そのため、海外FXを試しに利用してみたい方や、少額からの運用を行いたい初心者の方にとってはリスクを感じてしまうでしょう。

国内ではSBI FXトレードなど、証拠金わずか4円から取引できる業者もあるので、特に初心者の方は少額から利用できる国内業者がオススメです。

3-5. サーバーダウンが発生しやすい


LANDFXでは過去に数度、サーバーダウンが起こったことからも安定性が低いというデメリットがあります。

LANDFXではサーバーダウンの際に、起こった損失に関しては補償を対応を行っていますが、カスタマーサポートに連絡が必要な点など、面倒な手間もかかります。

そもそも、いくら損失補償があってもサーバーダウンが起きないに越したことはないので、わざわざ不安定な海外の業者を使うメリットは無いのでは、と感じてしまいます。

信頼性・安全性ピカイチ!
DMMFXで今すぐ口座開設
 

4. LANDFX(ランドFX)の評判


追証に関しては再度適用条件を確認しておかないと痛い目に合うかもしれませんね!

FX初心者

 


FX博士

サーバーダウンの危険性も潜んでおるの…

 


システムの精度に関しても不安な点がありますね。

FX初心者

 


FX博士

やはり海外の業者はボラティリティが高くなり危険性があるのう…

 


おや、利用者からはこんなリアルな意見もあるようです。

FX初心者

 

まとめ|LANDFX(ランドFX)は規制やサーバーが不安定で利用しにくい

約定力の高さやレバレッジの高さ、また信頼性のあるライセンスや補償制度など、LANDFXでは海外の業者に比べ運営の信頼性もそこそこ高い業者ということが伺えます。

LANDFXの特徴に関しては以下7つがあります。

上記の中でも、国内では取引できない通貨やMT5が使える点においては、利用する価値を感じる部分もあるでしょう。

しかし、LANDFXでは下記の通り5つのデメリットも存在します。

上記デメリットの中でも、最低入金額が高いことや、出金手数料がかかる点、さらに禁止項目も多いことを考えれば、わざわざ安全性の低い海外業者を利用するメリットは無いのではと感じてしまいます。

さらに最近では、サーバーがダウンしたことなど、予測できないリスクもあります。

 

そのため、この記事を踏まえると以下に当てはまる方は、LANDFXの利用をオススメできません。

  1. 少額から取引を行いたい方
  2. 資産を100%安全な状態で管理したい方
  3. 裁定取引(アービトラージ)を行いたい方
  4. サーバーが強く安定した業者で取引を行いたい方
  5. 安全性の高い業者を利用したい方

上記に当てはまる方は、大きなリスクを払いLANDFXを利用するのではなく、信頼性が高く安全な国内の業者を利用することをオススメします。

この記事を最後まで読んだあなたが、LANDFXのデメリット・リスクを十分に理解し、再度利用を検討し直すことができれば幸いです。

初心者は安全な国内業者がオススメ!
DMMFXで今すぐ口座開設
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)